「チャイボーグ」に「ドリーミー」など……トレンドとプリ世代の心を掴むプリ機『EMMYCHUU』を体験してみた

 3月4日にフリューから登場した、最新のプリントシール機『EMMYCHUU(エミーチュー)』。写りは”白い肌と丸くてかわいいイメージの顔パーツ”をポイントにしている。同機種がどんな体験をさせてくれるのか、実際に撮影してみた。

 このプリ機の特徴は、なんといっても”イマドキのトレンド”を盛り込んだ5つのコース。王道のかわいさを楽しめる「ガーリー」やシンプルな大人の雰囲気を出せる「おとなっぽ」をはじめとしたコースに、”ゆめかわいい”を思わせる「ドリーミー」やファッショントレンドでもある「ストリート」、さらに2020年から注目を集め続けている「チャイボーグ」といったまさに”今のわたしたち”のためのコースが用意されている。

 選べる5つのコースには、それぞれの世界観に合わせたメイクまで用意されており、コースによってアイシャドウやリップの色も違うため、ひとつの機械で全く違う表情を楽しむことができる。

 例えばいま話題の「チャイボーグ」のコースでは、赤リップと暖色系の濃いめの囲みアイシャドウで赤みメイクを再現。同じ暖色系のメイクでも、「おとなっぽ」コースを選択すればテラコッタのリップやブラウン系の色を使って落ち着いた雰囲気を出してくれる。

 コースごとに作られた細かいメイクの設定で、どんなときでもその人がその時にほしい”最高に盛れる仕上がり”を提供してくれるのがこの『EMMYCHUU』だ。

 その日の洋服のコーディネートや気分に合わせてコースを選んだり、いつもと違う雰囲気を楽しんだり、同じ日にリピートしても違う日にまた撮ってみても楽しめるものになっている。

 ラクガキやメイクの設定が苦手、という人も一度のタッチで全て仕上げてくれるツールを利用すれば、簡単にその世界観に合わせた一枚を完成させることができる。

 たとえば、同じネコのラクガキスタンプでもコースによって違う雰囲気になるよう工夫されているので、その豊富なバリエーションで飽きさせることなくリピーターを生み出して行きそうだ。

 なりたい雰囲気に合わせてプリ機を探して選ぶのではなく、『EMMYCHUU』を選ぶだけで自分の雰囲気に合わせた”イマドキ”のプリを撮ることができるのがうれしい。

 また、自分にとって定番ではない世界観を選ぶことで、いつもはしないような雰囲気のメイクを楽しむこともできるため、新しい自分に似合うメイクや雰囲気を見つけることもできるのもこのプリ機の強みといえるだろう。

 また、撮影ブースにもアクセントが。撮影ブース後方に背もたれのない細めの座るスペースがあり、そこに座ると天井にカメラが見えてくる。『EMMYCHUU』では、座った状態でモデルのような写りで全身ショットを残すことができるのだ。

 脚の角度もモニターに倣ってポーズを取るだけで美脚に見えるので、自分のおしゃれを簡単に美しく記録することが可能になっている。

 さらに、コースごとに用意された豊富なシールフレームも”映える”ポイントのひとつ。それぞれの世界観に合わせたフレームは、種類が多いだけでなく色のカスタムができるものもあるため、そこでも徹底的に自分に合わせたプリをゲットできるようになっている。

 記念に撮ったプリをスマホの裏に入れるにももってこいのビジュアルで、思わずSNSに投稿したくなるような仕上がりだ。

 現在は期間限定で人気スマ―トフォンゲーム『ディズニー ツイステッドワンダーランド』デザインのシールふちも選べる仕様になっているので、ゲームファンも必見だ。

 コース選択から最後のフレーム選びまで、最高の”盛れる”と”映える”を体験させてくれる『EMMYCHUU』。トレンドを掴んだこのプリ機は、2021年のプリ世代の心も掴んでいくかもしれない。

■フルヤトモコ
1999年生まれの大学生。韓国のカルチャーと洋楽、本、映画など。
東京藝術大学 音楽環境創造科在籍。