ヒカキン、“弟”を騙ったナンパ行為に注意喚起「私の兄弟はセイキンしかおりません」

 YouTuberのヒカキンが2月28日、「僕の弟が悪さしている件についてご報告」と題した動画を公開。視聴者に対し注意喚起を行った。

僕の弟が悪さしている件についてご報告【注意喚起】

 日々、動画を通じて視聴者に対しエンターテインメントを届けているヒカキンは、今回の動画について「本当は上げたくなかった」と説明。「聞いて耳を疑うような話が3つあります。『(1)ヒカキンの弟が悪さしてる』『(2)あやしいヒカキンパーティーについて』『(3)俺の名前を使うな!!』。この3つです」と切り出した。

 まず(1)の耳を疑うような話は、SNSで女性のフォロワーからの報告を受け知ったという。そのフォロワーは同性の友人とバーで飲んでいたところ男性にナンパされたそう。すると、その男性は「俺はYouTuberヒカキンの弟なんです」と言い出し、口説き落とそうとしたそうだ。結果として、会話をする上でボロが出て騙されずに済んだというが、ヒカキンはそのエピソードを語った後に、「私には弟はいません。兄のセイキンしかおりません」と強く訴えた。

 (2)はコロナ禍になる少し前の話だという。ヒカキンの友人が「お姉さん、これからすごいパーティがあるから一緒に行かない? ちなみにそのパーティ、ヒカキンさんも来るよ」と東京・六本木で若い男性に声を掛けられたというのだ。幸いその友人は、その時まさにヒカキン宅で行われる食事会に参加予定だったため、当然断ったそうだが、ヒカキンは「ワシをダシに使うなや! ヒカキンはパーティに行ってないし、ほぼ家の中で動画を撮って編集しかしてない」と力を込めた。

 (3)はとあるタレントから聞いた話。そのタレントはヒカキンに対し「〇〇(女性タレント)と仲良いんでしょう?」と話し掛けたという。しかしヒカキンはその時点でその〇〇と会ったことも話したこともない。まったくのデタラメなのだ。ただその〇〇は「ヒー君はめっちゃ優しくて、しょっちゅう奢ってもらって仲良くしてるんだ」と、その女性タレントに対して話していたという。これを聞いてヒカキンは「世の中は嘘で溢れかえっている」と感じたそうだ。