『ポケモン ダイマックスバンド』でポケモントレーナーをリアルに体感 メザスタでも遊んでみた!

 大人から子どもまで幅広い人々の支持を集める国民的アニメ「ポケットモンスター」。アニメはもちろんのこと、Nintendo Switchやアーケードゲーム、カードゲームやフィギュアなど、さまざまな遊びで親しんでいる人は多いのではないだろうか。

 本サイトでもたくさんのおもちゃやゲームを取り上げているが、ポケモンに関する記事の反響は大きく、注目度の高さを実感している。

過去記事:『ポケモンガオーレ』の後継機『ポケモンメザスタ』が絶賛稼働中! 没入感をたっぷり味わえる最新筐体を実体験

 そこで今回は、ポケモンの世界をさらに楽しませてくれるおもちゃ、『ポケモン ダイマックスバンド』の魅力を徹底解説していく。

『ポケモン ダイマックスバンド』の概要

 2019年11月から発売されている「ポケットモンスター ソード・シールド」から登場する「ダイマックス」というシステムは、バトル中にポケモンが巨大化する迫力ある現象だ。2020年11月から放送されているアニメ「ポケットモンスター」の新シリーズでも登場しているため、この現象を知っている人は多いだろう。

 ダイマックスしたポケモンは、フォルムが大きくなるだけでなく「ダイマックスわざ」という専用のダイマックスわざを使える。ダイマックスすれば相手により大きなダメージや効果を与えられるため、臨場感がさらに高まったバトルになる。

 そのような盛り上がりがある中で、タカラトミーは2021年2月11日に『ポケモン ダイマックスバンド』を発売した。ポケモンをダイマックスさせる方法のひとつとして「ダイマックスバンドの使用」が挙げられるが、このおもちゃの登場によって、アニメやゲームだけでなく、現実でもダイマックスの世界観を味わえるようになった。

 『ポケモン ダイマックスバンド』は、腕時計と同様に左右どちらかの手首に装着して使用するものだ。子どもだけでなく大人の手首にもフィットする設計になっているため、親子でポケモンの世界観を楽しむことができる。 

 電池はあらかじめ内蔵されているため、バンドの横側にあるスイッチを左右どちらかに移動させれば電源が入る。(1)は「ダイマックスモード」で、サトシとダンデの音声が流れ、音声に合わせてバンドを振るとダイマックスの効果音やダイマックスわざの発動音を体感できる。(2)は「応援モード」で、バンドを振ることでサトシ、ゴウ、ダンデの全14種類の応援ボイスを鳴らせる。

 赤い光とともに、アニメ「ポケットモンスター」でお馴染みのキャラクターのボイスが聞けるので、子どもたちは「サトシの声だ!!」「ダンデの声だ!!」と喜んで腕を振っていた。興奮しすぎて周囲の物に腕をぶつけないよう注意が必要だ。

 気になったのが、子ども(我が家は年長、小学校低学年)だけではベルトを装着できなかったところだ。左右にある4つのツメからベルトが外れないように締めないと、うまくバンドを留めることができないので、必要に応じて大人がサポートしなければならない。