ヒカル、セイキン、朝倉未来……高級ミニバン「アルファード」はトップYouTuberになぜ人気?

 有名YouTuberたちの間で今、トヨタの自動車「アルファード」が人気を集めている。

 金持ちYouTuberのヒカルが2月10日、公式チャンネルに「【大所帯】8人乗りのアルファード買いました」と題した動画を公開した。

【大所帯】8人乗りのアルファード買いました

 ヒカルは最近、自らが立ち上げたYouTuberユニット・NextStageに新メンバーとして、ヒカルのファンである素人のよっしーと、YouTubeチャンネル「みきおだ」で活動するYouTuberのみっき~の2名を相次いで加入させた。その結果、スタッフ含めて8人の大所帯になったため、「今使っているアルファードが6人乗りなので、8人乗りの車が欲しい」として、自動車販売店へと訪れた。

 「アルファード、ハイエース、バス」と幅広い選択肢の中から最適なものを選ぼうとしていたヒカルだったが、販売店スタッフから勧められたのはやはり、アルファードだった。スタッフによるとオススメポイントは、「乗りやすくて信頼性がある。また、万が一何かあってもトヨタのディ―ラーが全国にあるので安心」とのこと。こうして8人乗り仕様のアルファードXの購入を決定し、実際に8人で車に乗り込み記念撮影。広々とした車内に、男8人がぴったりと収まる構図を見たヒカルは「8人揃ったらこの絵面になるってヤバくない?」と満足気に微笑んだ。

 ヒカルのほかにも、アルファードユーザーの有名YouTuberは多い。たとえば、昨年12月7日には、格闘家YouTuberの朝倉未来が「○○○○万円!!新車買いました!」と題した動画で、3000万円相当の「ベントレー ベンテイガ」と一緒に、6人乗りのアルファードを購入した。朝倉もヒカル同様、YouTubeチャンネルを支えるスタッフの足として同車を買ったようで、「みんな顔が割れているから、窓ガラスにスモークを付けてもらった」と、こだわりを語っていた。

 一方で、家族のために「アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジ」を購入したのが、ヒカキンの実兄として知られるYouTuberのセイキンだ。

新車のアルファード購入したので車内で誕生日パーティー開催!【トヨタ アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジ S】

 セイキンは2019年8月23日公開の動画で、同車の購入を報告したのだが、その時点で既に「ランボルギーニ アヴェンタドールS」「レクサス LS 500h」の2台を所有していた。セイキンによると、ランボルギーニは2人乗り用で、妻と生れたばかりの子を乗せて運転するのに向いていない。また、子どもが生まれて親や親せきが自宅を訪ねてくる機会が多くなり、そうなると「レクサス LS 500h」でも、セイキンファミリー+親+親戚を乗せることができない。そこで「家族と親、親戚全員を乗せれる車が欲しい」との想いから、アルファードを買うに至ったという。