板野友美の結婚は動画で予告されていた? ポロリと素が出るYouTubeの面白さ

 板野友美の結婚発表に伴い、数か月前に投稿されたあるYouTube動画がひそかに注目されている。

 1月5日、東京ヤクルトスワローズの投手・高橋奎二との結婚を自身のインスタグラムでサプライズ発表した板野。同日にはYouTubeチャンネルも更新。「板野友美から皆様へ大切なご報告があります。」と題した動画にて、「わたくし、板野友美、1月5日、本日、東京ヤクルトスワローズ・高橋奎二さんと入籍いたしましたことをご報告させていただきたいと思います。奎二さんとは共通の友人を通じて知り合い、1年半の交際を経て結婚する運びとなりました」と伝え、「夫婦になることは世界で一番の味方ができることだと思います。これからは夫婦で支え合い、切磋琢磨し、温かい家庭を築いていきたいと思います」とコメントした。

板野友美から皆様へ大切なご報告があります。

 この度の突然の“ご報告”に、驚いたファンは多かったに違いない。しかし、女子中高生のカリスマだった板野も今年で30歳。恋愛禁止の現役アイドルではないため、意中のお相手がいてもおかしくない。それに昨年9月8日、AKB時代の同僚・篠田麻里子のYouTubeチャンネルに出演した際、交際相手の存在を匂わすような場面もあった。

 それは「【初ゲスト】家政婦ともちんにご飯を作るのをお願いしてみた!【料理】」と題して公開された動画でのこと。板野は、子育てで忙しい篠田に代わり、篠田家のキッチンで餃子づくりに挑戦。その際、篠田は何の脈絡もなく「彼にも作ってあげるの?」と問いかけた。あまりに唐突なぶっ込みに板野は「えっ、な、なんの話ですか?」と動揺。「ま、彼がいる時は作るよね」と否定も肯定もせず、なんとかかわした。

【初ゲスト】家政婦ともちんにご飯を作るのをお願いしてみた!【料理】

 しかし、これで引き下がるマリコ様ではない。板野は餃子の皮を包みながら「この作業結構好き。黙々と集中してやるのが好き」と言った後、「彼とかにも手伝ってほしいな。餃子の皮包み。一緒にやりたい」とつぶやいたのだ。すると篠田は、待ってましたとばかりに「彼は手伝ってくれる?」と直球質問。芸能レポーターさながらの厳しい追及に「すごいでしょ。マリコさんの質問。怖いでしょ?(笑)」と苦笑い。しまいには「彼いない設定にしよ?」と提案してくる篠田に、板野はタジタジになっていた。

 今回の報道を受けて、再び本動画を視聴したファンも少なくないようで、コメント欄には「彼=高橋奎二だったのか!!!!」「まさか彼が高橋奎二だったとは」「めちゃめちゃ有名人同士だったんですね」などの声が寄せられている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる