iPhone 13向け高速5Gモデムに進展、Appleが独自開発を強化

 AppleがiPhone 13シリーズへの搭載を目指しているmmWave 5Gモデムの開発が順調なことが明らかになった。iPhone 12では5Gへの対応に時間がかかったこともあり、2021年以降に向けて万全を期しているようだ。

独自の5GをiPad Proにも拡大

 iPhone 13用のApple独自の5GモデムがiPad Proでも使用される可能性があると『Apple Insider』が伝えている(参考:https://appleinsider.com/articles/20/11/26/apples-own-5g-iphone-13-modem-may-be-used-in-ipad-pro)。

 サプライチェーンの情報筋によると、次期iPhone用に独自のmmWave 5Gモデムを開発するAppleの計画は順調に進んでおり、iPad Proでも採用する可能性があるという。

 5G iPad Proは以前に噂されており、コロナ禍で遅れが出て、2021年初頭に延期されたとも言われている。

 サプライチェーンは、アンテナ・イン・パッケージ(AiP)モジュールの5Gmm Waveアンテナの需要が増加すると予想している、と台湾メディア『DigiTimes』は伝えている。これは好調なiPhone 12を受けてのものだと思われる。

 またAppleが独自のmmWave 5G AiPの開発を行っており、iPhone 13でQualcommの5Gモジュールを独自のものに置き換えることを計画していると予想されている。

 そして、その開発をさらに拡大し、iPad Proで5Gモデムを使用することを計画しているというのだ。そのプロセスで独自のRFフロントエンド・モジュール(RF-FEM)を開発する可能性があるという。

 iPhone 12シリーズでは、コロナ禍の影響もありmmWave 5Gの調達が後手後手となり、アメリカ向けのものに限定となった。日本を含む他の地域では、スピードでやや劣るもう一つの5G規格であるSub-6GHzが採用されている。