ポケモンと過ごす仮想空間の遊園地『ポケモンバーチャルフェスト』、8月12日オープン

ポケモンと過ごす仮想空間の遊園地『ポケモンバーチャルフェスト』、8月12日オープン

 バーチャルSNS『cluster(クラスター)』が、8月12日より、バーチャル遊園地『ポケモンバーチャルフェスト』を開催する。
 
 『ポケモンバーチャルフェスト』は、「みんなでつくる、夏の思い出」をテーマにした、仮想世界にある未完成の遊園地。「ミッション」に挑むと、その成果に応じて「テーマパーク」内のアトラクションやコンテンツがどんどん増え、テーマパークが完成していく。

エントランス

 
『ポケモンバーチャルフェスト』に入って、最初に降り立つのがこの「エントランス」。ここから「テーマパーク」に行ったり「ミッション」に挑んだりすることができる。バーチャル空間らしいクールでカッコイイ雰囲気の場所で、ピカチュウやポリゴンのホログラムが飾られており、待ち合わせの目印にもなる。また、エントランスの中央には、参加者の「ミッション」の成果が集積されており、テーマパークの完成度をチェックできる。

テーマパーク


 パークのゲートをくぐると、ピカチュウの超巨大モニュメントが参加者をお出迎え。隅々までパーク内を散策してみると、どこかにポケモンが隠れているかも。

ミッション


 「ミッション」は、誰でも遊べる脱出ゲームで、閉ざされた屋の中で出題されるお題を解き、部屋から出ることができたら、クリアとなる。参加者たちがクリアした成果に応じて、テーマパーク内のアトラクションやコンテンツが増えていく。ミッションは、迷路を通り抜けながら答えを導き出す「迷宮ミッション」、部屋の中に散らばった文字を集めることで答えを導き出す「ワードパズルミッション」、室内に掲示された暗号を解き明かすことで答えを導き出す「謎解きミッション」の全部で3種あり、ミッションの達成度によって順番に開放されていく。これらのミッションは、数々のリアル脱出ゲームを手掛けてきた『SCRAP』が制作。解きごたえのあるものばかりとなっている。

アバター


 アバターとは、バーチャル空間での参加者の分身のこと。「サルノリ」「ヒバニー」「メッソン」をモチーフにしたコスチュームの中から好きなものを選ぶことができる。ほかにもアバターのコスチュームが追加される可能性も。また、バーチャル空間では、自由に写真撮影ができる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる