ヒカキン、総額1000万円の“ゲーム配信環境”を公開 「無理してでも良いものを買う」

 YouTuberのヒカキンが4月14日、YouTubeチャンネル「HikakinTV」に「1000万円のヒカキンゲームスタジオついに完成!【ゲーミングPC】」と題した動画を投稿した。

1000万円のヒカキンゲームスタジオついに完成!【ゲーミングPC】

 ヒカキンはメインチャンネルである「HikakinTV」の他、3つのサブチャンネルを運用している。一つは、彼が世に出たきっかけとなったヒューマンビートボックスの動画を投稿する「HIKAKIN」、もう一つがプライベートの一場面を切り取った気軽なVlog的内容の「HikakinBlog」、そして最後の一つが、ゲーム実況動画のプラットフォーム「HikakinGames」だ。

 「HikakinGames」のチャンネル登録者数は、460万人(4月15日現在)。今回の動画の中で、ヒカキンは「最近、『HikakinGames』のパワーが『HikakinTV』とほぼ互角か、ちょっと超えるかくらいなんですよね」と実情を明かし、「僕の中では両方メインチャンネルだと思っている」と思い入れの強さをうかがわせた。

 趣味であると同時に、大切な仕事の一つでもあるゲームをより良い環境で楽しむべく、ヒカキンは「やっぱり仕事道具はケチっちゃダメ!」「無理してでも良いのを買うスタイルなので」と息巻き、このほど、動画編集及びゲーム関連設備のグレードアップを決意したのだという。

 ヒカキンが購入したのは、「HikakinGames」の立ち上げ以来、7年間一貫して贔屓にしているAlienwareの新製品「ニューオーロラ Aゲーミング デスクトップ」や「M15ゲーミング ノートパソコン」など。そのほか、モニター、キーボード、マウス、ヘッドホンなども一新するようで、ヒカキンは「全部新しくすると、1000万円っていう規模になると思います」と説明した。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる