米司法省がGoogleに「独占禁止法捜査に非協力的」と警告 法的処置も辞さない構え

米司法省がGoogleに「独占禁止法捜査に非協力的」と警告 法的処置も辞さない構え

 アメリカ司法省は、2月24日付けでGoogle宛に送った書簡で、反トラスト法(独占禁止法)違反捜査への非協力的な態度を非難し、対応に改善が見られない場合、法的処置も辞さないと示唆した。

Googleは「協力している」と反論

 『The Washington Post』が“匿名の人物からの情報”として報じたところによると、ライアン・ショアーズ副司法長官の署名が入った書簡がGoogleに届いた(参考:https://www.washingtonpost.com/technology/2020/02/27/google-doj-antitrust-evidence/)。

 内容は「独占禁止法違反の捜査に伴い、2019年10月に証拠提出の法的な命令が発せられたにもかかわらず、Googleはそれを遅延させており、容認し難い」というもの。

 さらに「捜査当局は、検索エンジン、広告、Androidオペレーティングシステム(OS)に関する記録を要求しており、3月2日までの期限を与え、Googleが対応しなければ、更なる手段を講じざるを得ない」とした。アメリカ司法省が取りうる次なる手段は、裁判所がGoogleに記録提出を強制する民事調査請求だ。

 同記事によると、Googleスポークスマンであるジュリー・タラロ・マカリスター氏は、既に数百万ページの書類を提出しているとし「弊社は、規制当局に協力してきた実績があり、プロダクトが選択肢を生み出し、消費者や企業を支援する努力を続けます」という声明を発表した。

 Googleはテキサスなどの州政府からも、独占禁止法違反を追及されている。米国の規制当局は、以前にも独占禁止法違反の可能性についてGoogleの捜査を行い、企業解体や厳重処分を下すことも検討されたが、結局お咎めはなく、2013年に捜査は打ち切られた。

 2019年8月には、アメリカ司法省がGoogleの持株会社Alphabetに対し、米国や他地域における「過去の独占禁止法に関連する捜査記録」を提出するように、といった法的命令も発していた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる