東宝×ALPHABOATの才能発掘企画 第5弾のテーマは「ホラー」

東宝×ALPHABOATの才能発掘企画 第5弾のテーマは「ホラー」

 東宝株式会社とALPHABOAT合同会社による、才能あるクリエイターを発掘するオーディション・プロジェクト『GEMSTONE』。第5弾オーディションとなる今回は、ホラー×テクノロジー「ホラテク」で新しい恐怖体験を作りだす「株式会社闇」と提携し、「ホラー」をテーマにした映像作品を募集する。

 ルールは「10秒以上5分以内の動画」であることのみ。審査基準は「新規性・斬新さ」「ストーリー」「キャラクター」の3点。既存の「ホラー」の枠組みにとらわれることなく、新時代の“こわい”を表現した作品を求めているという。

 最終審査員には、累計再生回数1億3000万回を誇る「Stalking Vampire ~隙間男~」シリーズを代表作とし、YouTubeドラマを牽引する存在として活動を続ける劇団スカッシュ、新しい恐怖感動を生み出し続けるホラー専門のエンターテインメント制作会社、株式会社闇のCCOを務める頓花聖太郎氏、数々の映画やドラマのプロデュースを手掛けてきた、東宝株式会社映画企画部長 山内章弘氏の就任が決定した。

 一次審査を通過した応募動画はYouTubeのGEMSTONE公式チャンネルにて公開される。その後の最終審査を経て、入賞した作品には、特典として賞金(総額50万円)の他、東宝株式会社、ALPHABOAT合同会社、株式会社闇の3社と新規企画開発が検討される。

 東宝とALPHABOATは、今後もオーディション企画を継続的に立ち上げ、応募者の作品をGEMSTONEの公式YouTubeチャンネルを通して発表していき、選ばれた優秀者に対して両社サポートによる動画制作の機会や、ALPHABOATでのデジタルマネジメント契約の機会等を提供していくという。

劇団スカッシュからのコメント

こんにちは!劇団スカッシュです!この度はGEMSTONEオーディションの審査員としてお声がけを頂き、ありがとうございます。我々は「隙間男」というホラー作品を作って活動の幅を大きく広げる事が出来ました。ホラーには夢がある!新しいホラー作品の誕生を楽しみにしております! 

頓花聖太郎氏からのコメント

今回審査員を務めさせていただく株式会社闇の頓花聖太郎です。テーマが「ホラー」ということで、恐怖を生業にしている者として真剣に審査に向き合わせていただきます。とはいえ、応募のルールは「10秒以上5分以内の動画でホラーがテーマであれば、表現は自由」とのこと。本格的なショートホラー動画やホラーアニメーションは勿論、例えば「スマホを使ってちょっとしたホラー映像を撮る」といった気軽な表現でもアイデア次第では非常に面白い動画が作れると思います。思いつきでも荒削りでも、初期モチベーションを形にしやすいルールだと思います。思い思いの表現で怖がらせてください!私達も、ホラー表現が話題化することで成長した会社です。人気の映画監督達もホラーが出世作というケースは山のようにあります。
それだけ、ホラーには時代を動かす力があると信じております。今回のオーディションでは、あなたにしか作れない「新しい時代のホラー」が観られることを期待しております。

■GEMSTONE クリエイターズオーディション実施概要 
第5回テーマ:「ショートホラーフィルムチャレンジ」
応募期間:2020年2月5日(水)17:00  ~  4月30日(木)23:59
受賞者発表:5月中旬(予定)
応募作品は、順次「GEMSTONE」公式YouTubeチャンネルで発表予定。
賞金総額:50万円
受賞者には東宝株式会社、ALPHABOAT合同会社、株式会社闇3社での新規企画開発検討

公式サイト https://gemstoneaudition.com/

 

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる