乃木坂46掛橋沙耶香、山下美月の視線にハートを射抜かれる?「可愛すぎて心臓が痛い」

乃木坂46掛橋沙耶香、山下美月の視線にハートを射抜かれる?「可愛すぎて心臓が痛い」

 乃木坂46のメンバーが、毎週月曜~金曜に日替わりで出演するライブ配信サービス「SHOWROOM」上の帯番組『のぎおび⊿』。12月10日の配信には掛橋沙耶香が登場し、近況トークを繰り広げた。

 配信冒頭、「聞いて。えっとなぁ、6、7、8、9、10(日)と、ずっと岡山に帰っとった」と帰省していたことを明かした掛橋。地元から東京に戻ってきたばかりのため、この日は終始、岡山弁まじりで話を進めていった。

 最近の出来事として、11月26日、27日に東京・国立代々木競技場 第一体育館で行われた「乃木坂46 3・4期生ライブ」の話題に。掛橋は「先輩と仲良くなろうとすごい思ったんよ。思ったんじゃけど、やっぱりちょっと恥ずかしかった……」とうまく距離を詰められなかった様子を伺わせた。

 しかし、ユニット曲のコーナーで楽曲「あらかじめ語られるロマンス」を披露する時のこと。「(伊藤)理々杏さんと(ステージに)出る前に下の通路みたいなところにおって。1日目に私がめっちゃ緊張で泣いとったんよ。じゃけん、『どしたん?』って言われて励ましてもらって。2日目には出る直前に背中を叩いてもらいました。私、背中叩いてもらったらスイッチが入るんですよ」と振り返り、「理々杏さんとは最近何かとご一緒出来てうれしいですね」と笑顔になった。

 その話の流れで視聴者からSHOWROOMのコメント欄に「(山下)美月と仲良い?」という質問が。掛橋は「美月さんは『未来の答え』で隣にいらっしゃって。その時、Aメロを歌う時に絶対目が合うんですけど、目が合った時に心臓が痛いです(笑)。可愛すぎて」とはにかみ、「もっと先輩方と話せなきゃなぁ。仲良くなりたいと思うんですけど、やっぱりどうしても自分から行けんなぁって思いますね」と渋い表情をした。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!