PS5(プレステ5)2020年の年末商戦に向け発売 コントローラー・ボタンに新テクノロジー搭載

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは10月8日、公式のPlayStation.Blogにて、次世代機「プレイステーション 5」(以下、PS5)の発売をアナウンスした。

 「WIRED」に本日掲載された記事内でもその詳細が報じられているが、今回発表されたPS5の目玉は、新たなシステムを搭載したコントローラーだ。

 PS5は、目指すゴールの一つに、「没入感をさらなる高みへ導くこと」を掲げているが、今回の新コントローラーはそれを実現する大きな要素だという。

 まず、初代プレイステーションやその同世代のゲームコントローラーに見られた従来の振動機能を刷新した“ハプティック技術(利用者に力、振動、動きなどを与えることで皮膚感覚フィードバックを得るテクノロジー)”を採用。これにより、レース中に車が壁にぶつかる感覚と、フットボールで相手にタックルする時の感覚では全く異なったものになったり、草原を駆け抜け、泥の中を這う感覚さえも味わうことができるようだ。

 そして、L2・R2ボタンは新たに“アダプティブトリガー”と呼ばれる機能を搭載。プレイヤーが取るアクションに合わせてトリガーの抵抗力をプログラムすることが可能になり、ハプティック技術との組み合わせにより、これまで以上に多彩なアクションをよりリアルに再現することができるように。弓をキリキリと引き絞る感覚や、ゴツゴツとした岩場の地形でオフロードの車を一気に加速させる時の感覚が、より鮮明に再現できるようになった。

 なお、同ブログによると、発売時期は2020年末の“年末商戦期”。その間にもPS4で『DEATH STRANDING』をはじめとした注目タイトルが続々とリリースされるので、これらのタイトルを楽しみながら、続報を心待ちにしよう。

(文=編集部)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!