>  > 『Tinder』が可変型ドラマ『Swipe Night』公開

マッチングアプリ『Tinder』、Netflixの脚本家参加のインタラクティブドラマ『Swipe Night』公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デーティングアプリ『Tinder』は9月20日、ブログを更新し、スワイプ機能によるオリジナルアドベンチャードラマをローンチすることを発表した。Tinderユーザーの半数を占めるZ世代 (18~25歳)を想定し製作したという。10月6日から毎週日曜日に4話が予定されており、トレーラーも公開されている。

 女優でミュージックビデオ・ディレクターのカレナ・エヴァンスが監督で、Netflix『Big Mouth』のニコル・ディレイニー、Facebook Watch『Five Points』のブランドン・ザックが脚本を手がけた力作だ(参考:『Tinder blog』)。

デートがテーマ、地球最後の1日をどう生きるか

 『ING』は「Tinderの『Swipe Night』は初のパーソン・インタラクティブ・デーティング・シリーズ、NetflixやDisney+にSwipe Dateで勝負!」と見出しを打った(参考:https://www.ign.com/articles/2019/09/26/tinders-swipe-night-is-a-first-person-interactive-dating-series)。

 『Swipe Night』は、デートをテーマにしたライブアクション・インタラクティブのドラマシリーズ。世界の破滅までのあと3時間をどう生きるか。モラルの葛藤や現実的な選択肢があり、その結果により、次のストーリー展開が変わるだけではなく、誰とマッチングするかまで決まる。

 登場人物は、決断力のない楽天的な都会っ子グラハム。美人でスマートに何でも綿密に計画し実行するグラハムの彼女ルーシー。そして虚無主義者のふりをして強がっているが内心は優しいモリーといった顔ぶれ。

 『Wired』は更にそのストーリーを下記のように詳述している(参考:https://www.wired.com/story/tinder-swipe-night-wants-users-to-find-love-in-the-apocalypse/

「地球最後の日。流星が、あと数時間でこの惑星に衝突し、あらゆるものを破壊する。ユーザーの決定に従い異なる結末に近づいていく。

 アプリを開き、エピソードをスワイプして、終わったら、相手と話す。映画館での初デートのようなものだ。映画とは異なり『Swipe Night』では、瞬時の決定を下す必要があり、何が最も重要かが明らかになる」

 Netflixの『Bandersnatch』とは異なり、Tinderはやり直しを提供しない。一度選択すると戻ることはできないうえ、別の選択をするとどんな結末になるかは分からない。

 『Tinder』は、この種のエクスペリエンスに基づいたスワイプに向かっており、単なるお互いの熱さではなく、共有された興味を通じで人々を結び付けようとしている。

 Tinderには大学専用バージョンのTinder U、音楽フェスティバル中にTinderユーザーを結び付けるFestivalモード等もある。7年前の登場以来、Tinderは196か国で、毎日約2,600万回のマッチングを行う。

 今日の18歳~21歳の若者がTinderに参加してどのような体験をしているか、またアプリだけでなくデジタルソーシャルライフ全体もに焦点を合わせている。この設計には、プロダクトマネージャー、エンジニア、マーケティング、ユーザーインサイトからなる複合チームが取り組んだ。

 今の若者は、YouTubeやTikTokといったコンテンツが大好きな世代で、終末論的なストーリー展開が若いユーザーに響くだろうと考えたようだ。

      

「マッチングアプリ『Tinder』、Netflixの脚本家参加のインタラクティブドラマ『Swipe Night』公開」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版