ヒカキン&セイキン、本日『Mステ』出演! 披露する楽曲「今」に込められた思いとは?

 さて、今回披露される「今」だが、現在、YouTube上で約2750万再生を記録している、ファンにはおなじみの人気曲だ。「YouTube テーマソング」「雑草」に続き、セイキンが作詞作曲を手掛け、ふたりの盟友で、音楽プロデューサーのTeddyLoidが編曲・サウンドプロデュースを担当。いつでも本気の“今”を積み上げることで、日本に前例のなかった「YouTuber」という生き方を開拓してきた2人が、過去にとらわれず、未来に怯えずに、ただ一心に今というときを大切にすることを歌った、力強いメッセージソングだ。

今 / ヒカキン & セイキン

 オリジナル版は尺八や三味線など、和のテイストが印象的なサウンドだが、今回は「スペシャルバージョン」として、どうアレンジされるのか。ヒカキンのテレビ出演はいまや珍しいことではなくなったが、「ヒューマンビートボックス」をきっかけに大ブレイクした経緯からも、音楽番組には特別な思い入れがあるだろう。思いのこもった2人の歌唱に注目しよう。

(文=編集部)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!