>  > SixTONESの旅シリーズ動画は名物企画に?

SixTONESの旅シリーズ動画は名物企画に? 6人の個性と可能性を感じさせた「10万円アポなし旅」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャニーズJr.の6人組ユニットSixTONESは、本当に面白い。素直に、そう思わせてくれる傑作動画『【10万円アポなし旅】1泊2日弾丸バスツアー』シリーズが完結した。YouTubeのジャニーズJr.チャンネルに、週1回ペースで第4弾までアップロードされた【10万円アポなし旅】シリーズ。再生回数も約54万回〜100万回超(8月2日現在)を記録し、まだまだ伸びていく予感がする。

 旅の趣旨はタイトル通り、6人で食費や宿泊費、必要な備品などをすべて予算10万円で賄いながら、唯一の目的地である富士サファリパーク周辺を満喫するというもの。移動バスは自由に使えるものの、宿泊先などは自分たちで見つけて、撮影許可を取らなければならない。

 そうした縛りがある状況こそ、SixTONESの魅力が光る。出発早々、バスの中で宿泊先のアポイントを取ろうとするも、田中樹が電話した先は、なぜか目の前にいる松村北斗。「俺の携帯だよ!」というツッコミもそこそこに、スマホを奪い取ったのはジェシーだ。「(裏声で)ハイ、こちら星の宿です」と旅館の女将風に応答するジェシーを見て、「イヒヒヒ」と6人全員がいたずらっぽく笑っているのが、なんとも平和な風景である。

 田中とジェシーは、そのまま予約電話レッスンと言う名のコントに突入。普段はヤンチャな雰囲気を醸し出す田中が「すみません。6人で撮影も伴っているんですけど、宿泊させていただきたくて」と礼儀正しく振る舞っているところにも頼もしさを感じつつ、「あぁ! SixTONESですか! ど、どうしました?」と、クセ強めのジェシー女将についつい笑ってしまう。

 よほどジェシー女将が気に入ったのか、電話係を高地優吾にバトンタッチするタイミングでも「1回ジェシーで練習して」と田中。「オッケー」となんの抵抗もなく、そのノリを引き受ける高地も微笑ましい。だが、ジェシー女将はパワーアップ。

「SixTONESの旅シリーズ動画は名物企画に? 6人の個性と可能性を感じさせた「10万円アポなし旅」」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版