>  > カンニング竹山は岡本社長の“冗談発言”に苦言

宮迫&亮の謝罪会見がAbemaTV本年度総視聴数1位に カンニング竹山は岡本社長“冗談発言”に苦言

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットテレビ局「AbemaTV」の「AbemaNewsチャンネル」において、2019年7月20日(土)に“全編ノーカット”で生中継したお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮の謝罪会見の総視聴数が、AbemaTVで2019年度に放送された番組の中では1位となる1100万を突破した。

 芸能界のみならず、日本中から広く関心を集めた謝罪会見の中では、会見を希望するふたりに対し、吉本興業・岡本社長から「会見するなら全員連帯責任でクビにする」という圧力めいた発言があったことが明かされ、会社としての対応・コンプライアンスに注目が集まった。本会見の総視聴数は、日本中が祝福で沸いた女優の蒼井優とお笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太のツーショット結婚記者会見時の732万を上回る、1100万を突破。AbemaTVで2019年度に放送された番組の中では1位となる最高記録を更新した。なお、AbemaNewsチャンネルではこの謝罪会見を受け、7月22日(月)に開かれた吉本興業の岡本社長による記者会見も“全編ノーカット”で生中継。こちらの会見の総視聴数も800万を突破するなど、謝罪会見と同様に多くの関心を集める結果となった。

 岡本社長の会見当日の夜9時から同チャンネル」で放送されたニュース番組『AbemaPrime』では、MCを務めるカンニング竹山が、会見について言及。「僕は吉本さん所属ではないので、他人の事務所のことを言うのはいろいろルール違反だと思うのですけれど。というか、あまりつっこむべきことではないなと思うんです」と前置きした上で、「企業として客観的に見たときに、非常に危険な会見をしたというか、ちょっとまずいぞ。これはと思った」と危機感を覚えたことを明かしている。


 宮迫と亮が謝罪会見で明かした、岡本社長による“パワハラ”とも受け取られる発言に対して、岡本社長が「場を和ませようと思った」と釈明したことについて竹山は、「パワハラの根源ってそれなんですよ。こっちはパワハラと思ってなくても、『お前、殺すぞ』とこっちがギャグのつもりで言ったことに対して、むこうがびっくりしちゃったらパワハラになっちゃう。そこが今まさに世の中で問題になっているじゃないですか」と苦言を呈した。

 およそ1時間半に渡って、議論を展開した本番組の最後で竹山は、次のように訴えた。

      

「宮迫&亮の謝罪会見がAbemaTV本年度総視聴数1位に カンニング竹山は岡本社長“冗談発言”に苦言」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版