>  > TikTok、2019年上位曲にみる傾向

今日俺バンド、Aimer……TikTok、上半期ホット楽曲から2019年の傾向を分析

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 若者を中心に流行中の音楽動画アプリ・TikTok。アプリ内にある「ホット」「人気急上昇」「おすすめ」などの楽曲リストからは、今TikTokでどんな楽曲が流行っているのかを知ることが出来る。このコラムでは毎月、リストから注目の楽曲をピックアップし、動画の傾向とあわせて紹介してきた。

『今日から俺は!!』オリジナル・サウンドトラック(瀬川英史)

 新語・流行語大賞2018に「TikTok」がノミネートされていたことからもわかるように、昨年はTikTokの存在が一気に世の中に浸透した一年だった。もともとは音楽に合わせてリップシンクやダンスを披露する動画が主流だったが、ユーザー層が拡大していくにつれ、ショートムービー系、ネタ系、イラスト系、料理系などの動画も増加。それに加え、「ポーズシャッター」を始めとする様々なエフェクトやフレーム機能の登場によって、投稿内容はより多様化してきている。これらの影響からか、TikTokで使われる楽曲にも変化が出てきた。バズりやすい楽曲には、決めポーズを取りやすいテンポ感の良さや、思わずリップシンクしたくなる共感性の高い歌詞などの特徴があったが、今はこれに限らず意外な楽曲がバズることも少なくない。そこで今回は、今年上旬のリスト上位楽曲を振り返りつつ、2019年のTikTokの傾向を見ていこうと思う。

10~20代から人気を集めるドラマや番組に関係した楽曲

 今年に入って目立っているのが、テレビ番組に関連した楽曲。中でも、昨年冬に放送されたドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)でキャストがカバーした嶋大輔「男の勲章」や、『白雪とオオカミくんには騙されない♥』(AbemaTV)の主題歌だったAimer「コイワズライ」は、TikTok内でもロングヒットを記録。TikTokは10~20代のユーザーが最も多いため、この年齢層から人気を集めるドラマの楽曲は特にバズりやすい。またNHKでは、『第69回NHK紅白歌合戦』でいきものがかり「じょいふる」の振り付け動画を、『テンゴちゃん』で岡崎体育「なにをやってもあかんわ」を使った腹太鼓ダンス動画をユーザーから募集し、番組内で取りあげるというTikTokとの連動企画を実施。どちらの楽曲の動画も多くの投稿数に繋がり、リストにランクインも果たした。

      

「今日俺バンド、Aimer……TikTok、上半期ホット楽曲から2019年の傾向を分析」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版