Appleがニュース・ゲーム・ビデオの定額制サービスを続々発表 iPhoneで使えるクレカ『Apple Card』も

Appleがニュース・ゲーム・ビデオの定額制サービスを続々発表 iPhoneで使えるクレカ『Apple Card』も

 Apple社が日本時間の3月26日に開催した『Apple Event』にて、新サービスを続々と発表した。

 先週、イベントに先駆けて新たなiPad AirやiPad mini、iMac、Airpodsといったハードを発表したApple。今回のイベントはサービス中心に話が展開された。

 まず発表されたのはニュース・雑誌の定額購読サービスである『Apple News+』。Apple Newsで扱っていたニュースに加え、ELLE、ナショナルジオグラフィック、ローリングストーン、ヴォーグ、エンターテインメント・ウィークリーなど、300誌以上の雑誌が提供されるほか、レイアウトもスマホ向きのものになり、分野ごとに記事のキュレーション、各ユーザーへのパーソナライズも行われ、お気に入りの雑誌を入れるMy Magazinesといった機能も搭載している。料金は月9.99ドルで、まずはアメリカ・カナダにて展開、その後2019年秋にオーストラリア・ヨーロッパでローンチされるそうだ。

 続けてアナウンスされたのは、アップルが発行するクレジットカード『Apple Card』。iPhoneやApple Watchといった端末から支払えるApple Payでの決済のほか、Apple Pay加盟店では非接触タッチ払いも可能であり、さらにはチタン製の物理クレジットカードもリリース(MasterCard・ゴールドマン・サックス)。「Daily Cash」というリワードプログラムもあり、利用額の基本2%が毎日Apple Pay Cashにキャッシュバックされる(Apple StoreなどAppleへの支払いの場合は3%、物理カードを使った場合は1%)。戻ってきたキャッシュはApple Payやカード支払いに利用できる。

 年会費や国際手数料、遅延手数料などは一切かからないうえ、セキュリティコードもサイン欄もなく、どこで何を買ったのか、アップルには把握できず他社にも提供しないという、セキュリティ・プライバシーの観点に重きを置いた透明性も持ち合わせているそうだ。

 三番目に発表したのは、ゲームの定額制サービス『Apple Arcade』。iPhone / iPad / Mac / Apple TV向け独占新作ゲーム100本以上が月額制で遊び放題になるというもので、Annapurna Interactive、Bossa Studios、カートゥーンネットワーク、Finji、Giant Squid、KleiEntertainment、コナミ、LEGO、株式会社ミストウォーカー、SEGA、Snowman、ustwogamesといったメーカーが参加。アップルが厳選したゲームのみを提供し、『Final Fantasy』シリーズでおなじみの坂口博信氏や『ザ・シムズ』シリーズを手がけたウィル・ライト氏などが新作を提供することも発表された。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 サービスに関しては、App Store内のタブからアクセスでき、iPhone、iPad、Mac、Apple TVといった端末からオンライン・オフラインでプレイ可能。料金は追ってアナウンスされるが、こちらも2019年秋からスタートで、150以上の国/地域でローンチとなる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる