>  > ぼくりりが過激派YouTuberに?

ぼくりりが過激派YouTuberに“転職”!? へきトラハウスの面接に合格

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 過激な動画で知られる人気YouTuberトリオ「へきトラハウス」が12月19日、「へきトラハウスに新メンバーが入ることになりました」と題した動画を公開した。

へきトラハウスに新メンバーが入ることになりました

 動画で「新メンバー面接」に訪れたのは、なんと2019年1月でアーティスト活動の終了を発表している、「ぼくりり」こと、ぼくのりりっくのぼうよみだ。

 へきトラハウスの相馬トランジスタ、へきほー、カワグチジンが並ぶ面接室で、「どのようなアーティストを聴くか?」との質問に、ぼくりりは「ぼくのりりっくのぼうよみ」とサラリ。「そのアーティストの良さはどんなところ?」との質問には、「卓越した歌唱スキル、歌詞の緻密さ、繊細なアレンジメント」と答え、「前職は?」と聞かれれば「天才」と即答するなど、キャラクターを崩すことなく一問一答を繰り返していく。

 「へきトラハウス志望の動機は?」と、核心を突く質問に対しては、「僕は最近、没落したいなってすごく思っていて、いろんなYouTuberの方がいらっしゃるなかで、一番没落っていう……」と一言。最近、某動画で大炎上を見せたへきトラに厳しい言葉を投げかけると、神妙な顔を作っていたメンバーも思わず吹き出し、「そういう自覚はある」(ジン)、「はたから見たら、こっちの方が“人間辞職”してる」(相馬)と応じていた。

 へきトラハウスに入ってしたいことは、「好き勝手言いたい」とぼくりり。ツイッターでの炎上も記憶に新しいが、相馬は「YouTubeも規制が厳しいなかで、『みんな仲良くして行こうぜ』という風潮。そのなかで好き勝手いうと言うというのは、逸材」と語り、ジンは「仲良くなれそう」と頷く。

 その後も、さながらぼくりりへのインタビューとなり、アーティスト活動を辞めることにした理由を問われると、ぼくりりは「ウケるかなと思って……。エンタメとして何かを続けていく、成長して、次はどこどこでライブをしました、もっと広くなりました……という話もいいと思うんですけど、そうじゃないものを創りたいなと。辞めることそのものをエンタメにしようかなと」と説明していた。

 へきトラハウスに就職したい、というぼくりりに、相馬が「ちなみに、編集とかってやる気あります?」と投げかけると、「あ、一応」と一言。続けて、「へきトラで“こういうBGM欲しいなあと思ったら……」と聞かれれば、「というか、全員のソロアルバムをもれなくプロデュースしていく、みたいな」と語り、相馬は「本当に入れようかな」と目の色を変えていた。

 話題は炎上後の後処理、というシビアなテーマに。へきトラメンバーは「弊社のウィークポイントを補強したい。油を注いでしまうので……」と語り、ぼくりりがどう対処したかを聞いたが、「母親にiPhoneを取り上げられ、友人の武田(竹田)くんにツイッターを運用してもらった」と一言。相馬は「自分では止められないから。ジンくんと被るわぁ」と目を細めていた。

      

「ぼくりりが過激派YouTuberに“転職”!? へきトラハウスの面接に合格」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版