>  > 『バーチャルキャスト』大幅機能アップデート

『バーチャルキャスト』背景の自由変更&“ランダム凸機能”など大幅機能アップデート 「Vギフト」ハロウィンver.も追加

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 株式会社バーチャルキャストは、同社が提供するVRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」において、新機能の実装・アップデートを行った。

 今回のアップデートでは、期間限定のギフティングアイテム「ハロウィンVギフト」が本日から10月31日まで追加に。「かぼちゃマスク」や「ハロウィンキャンディ」など、さまざまなアイテムで番組を盛り上げることが可能となった。また、“凸”を受け付けている配信中の部屋にランダムで“凸”をすることができる「ランダム凸機能」も追加に。これまでよりも気軽に凸機能を使うことができ、距離を超えた配信者同士の交流がより積極的になるように設計されている。

 また、10月11日のver1.4.0aでは、スタジオに新たなVTuberが凸(参加)した際に、ネームプレートを上から降らせることで参加者の名前が簡単にわかるようになったほか、背景を自由に変更したいという要望に応え、「ニコニ立体」に背景モデルをアップロードすることで背景の変更が可能になったほか、背景変更機能にともない、キャラクターの移動制限を撤廃した。

<「バーチャルキャスト」ver1.4.1aの更新内容>
■新機能
・ハロウィンVギフトの追加
・ランダム凸機能の追加

<ver 1.4.0aの更新内容>
■新機能
・スタジオ内に配置できる消えない画像の設定が可能に
・スタジオ生成時や凸が来た時に名前を降らす機能を追加
・ニコニ立体に背景モデルを登録して背景の変更が可能に
■仕様変更
・キャラクターの移動制限を解除
・凸時にディスプレイを見せる、見せないの選択を可能に
・初期キャラクターのアリシア・ソリッドのスカートを長く変更

VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」
サービス提供日 : 2018年4月13日(金)
対応配信先プラットフォーム : ニコニコ生放送 / YouTube Live / ツイキャス、Twitch / OPENREC.tv
補足事項 : バーチャルキャラクターになるにはVRヘッドマウントディスプレイ(「HTC VIVE」「Oculus Rift」「Windows Mixed Reality」)が必要です。
本サービスの物理同期やボイスチャットのリアルタイム通信を実現する為にモノビット社製『Monobit Unity Networking2.0』、
『VR Voice Chat』を採用しています。
(C)DWANGO Co., Ltd. / infiniteloop, Co., Ltd. All rights reserved.

インタビューもっと見る

「『バーチャルキャスト』背景の自由変更&“ランダム凸機能”など大幅機能アップデート 「Vギフト」ハロウィンver.も追加」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版