乃木坂46西野七瀬、卒業後は本田翼の影響でゲーム実況デビューを熱望?「いつかやりたいって密かに思っています」

乃木坂46西野七瀬、卒業後は本田翼の影響でゲーム実況デビューを熱望?「いつかやりたいって密かに思っています」

 番組中盤には、各曜日の担当メンバーが、優勝賞品の「焼肉お食事券」をかけて競い合う「のぎおび選手権」のコーナーへ。今週の種目は「46%を目指そう」。これは、SHOWROOMの「投票機能」を利用して、視聴者からの答えがちょうど46%と54%に分かれそうな2択の質問を考えるという企画だ。

 「単純に聞いてみたいことにします」という西野が考えた2択問題は、「ご飯を食べる時は(1)イス (2)床 どっちに座る?」というものだった。投票の結果、イスが50.0%・床が50.0%という綺麗に半々という割合に。「え、ある意味すごくないですか!?(笑)」と目を丸くしていた。

 フリートークの時間になると、西野は最近ハマっていることとして「ゲーム実況を見ること」と告白。「ホラーゲームばっかりやっている方がいて。その人の動画をずっと見ていますね。めっちゃ怖いんですけど、『サイレントヒル』とか……びっくりしつつ、クセになるんですよね」とその魅力を説明した。

 さらに、視聴者からそのホラーゲームの実況者が「ガッチマン」だと言い当てられると、「そう! ガッチマンさんです! 知ってるんや(笑)。あと、本田翼さんとかもゲーム実況のチャンネルやってて……ななもちょっといつかやりたいなって密かに思っています」と意外な願望を口にした。

 番組終盤には、本日木曜日出演予定のメンバー・佐藤楓への宿題を決めることに。「自分やったら絶対やりたくないことを後輩ちゃんにやってもらうっていう…(笑)」とほくそえみながら、「でんちゃんへ ねこみみをつけて何か一言!」という宿題をフリップボードに記載。最後には、10万7000人も集まった視聴者へ「お付き合いいただいてありがとうございました。『アリーヴェデルチ!(さよならだ)』」と、TVアニメが始まったばかりの『ジョジョの奇妙な冒険』第五部が好きな西野らしく、同作のキャラクター・ブチャラティの名台詞で別れを告げて、配信を締め括った。

■こじへい
1986年生まれのフリーライター。芸能・スポーツ・音楽・カルチャーのコラム・リリース記事から、ゲームのシナリオ、求人広告まで幅広く執筆中。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる