THE RAMPAGE岩谷翔吾&鈴木昂秀、日本一長い階段に悶絶 「2時間ライブよりキツい……」

THE RAMPAGE岩谷翔吾&鈴木昂秀、日本一長い階段に悶絶 「2時間ライブよりキツい……」

 THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの初冠番組『てっぺんとるぞ THE RAMPAGE』の第8回が、9月26日にGYAO!で無料配信された。毎週水曜日に更新される同番組は、ジャンケンで勝ち抜けたメンバー二人がペアとなり、何も知らされないまま“日本一のスポット”を訪れて修行に励むというもの。第8回の放送では、岩谷翔吾と鈴木昂秀のパフォーマーコンビが「日本一多い○○」に挑んだ。

 午前4時。まだ日も昇っていない未明から東京目黒に集められ、車で「日本一多い○○」のもとへ向かう岩谷と鈴木。「近場でロケを済ませたい」という2人の甘い期待をよそに、到着したのは羽田空港。「えっ! 聞いてないです!」と困惑しつつ、飛行機に乗せられて、一路、熊本へと連れてこられた。

 阿蘇くまもと空港に到着後、さらにそこからもう一度車で移動。車中ではスタッフから「雨が心配なんですよね~」「2人はけっこう汗をかく方ですか?」など、「日本一多い○○」のヒントとなる情報が与えられるも、余計にこれから待ち受けているものが何なのかわからなくなり、2人は戸惑うばかり。そうこうしているうちに、目的地へ到着。2人の目の前に現れたのは、日本一多い「石段」だった。頂上の釈迦院までは実に3333段。その驚異的な段数を知らされた岩谷と鈴木は「はぁ~!? ちょっと待って……(笑)」「いやいやいやいや……」とそろって唖然としていた。なお、この石段、一般人の足で普通に上ると約2時間を要するといい、タイムアタックで駆け上がるレースも定期開催されているらしい。最速タイムはなんと24分42秒だという。

 はじめのうちはその段数に圧倒されていたものの、岩谷が「もう潔くいこう! で、サクッと帰ろう!」と覚悟を決めると、鈴木も「そうですね!」と同調し、動きやすい服装に着替えて、「いきま~す! せ~の! たかひで!」と声を合わせて登頂開始。最初のうちは、「あ、でもこれいけんじゃない?」「もう50段ぐらい行ったんじゃないですか?」と余裕綽々。「これカメラマンさんがキツイよ。ドリンクとか持っておいたほうがいいんじゃないですか?」と、撮影クルーを気遣う余裕さえ見せていた。

 はじめの200段は、さすがTHE RAMPAGEのパフォーマーコンビだけあって難なくクリア。しかし、400段に差し掛かったところで、2人に異変が。「ヤバい!」「これはくるぞ……」と早くも疲労の色を浮かべた。しかし、岩谷が「いや、ヤバいと思ったらヤバいから……だって俺らもっとキツいことしてきたやん! こんなん屁でもないで!」と煽ると、鈴木も「そうすっよ! 47都道府県58公演やったんすよ、僕ら! 2時間のライブを!」と、お互いを鼓舞し合いながら頂を目指した。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!