山本舞香、『相棒』に初出演 「やさしい気持ちで見ていただけたらうれしいです(笑)」

山本舞香、『相棒 season20』出演

 1月26日にテレビ朝日系で放送される『相棒 season20』の第13話に、山本舞香がゲスト出演することが発表された。

 2000年に『土曜ワイド劇場』の一作として誕生して以来、国民的ドラマに成長した『相棒』シリーズ。2021年10月にスタートした『season20』では、2015年以来、7年にわたって関係性を築いてきた杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)の最終章が描かれる。

 第13話は、伊丹のもとに、定年退職した元似顔絵捜査官・黒瀬和成(勝部演之)が訪ねて来たところから始まる。黒瀬は13年前に行方不明となった少女の両親に頼まれ、彼女が成長した姿を想像し、ウエディングドレス姿の絵、“冥婚絵”を描くが、自分が描き上げた肖像とそっくりな若い女性を見かけたという。捜査をはじめた特命係、杉下と冠城の前に現れたのは、絵とうりふたつの女性・菅原遥香(山本舞香)。彼女は失踪した少女の従姉妹だと名乗るが、その矢先、ある男性が刺殺される事件が発生。被害者はなぜか黒瀬が描いた冥婚絵のプリントアウトを所持していた。

 秘密を抱える謎の美女・菅原遥香を演じた山本は、『相棒』シリーズに初出演することについて「長年続いている作品にまさか声を掛けていただけるとは思っていなかったので、お話をいただいたときはびっくりしました」とプレッシャーを感じながらも、「現場に入ってご挨拶をさせていただいたとき、水谷さんと反町さんがスタッフさんたちにグータッチでフランクに挨拶を交わされているのを見かけて……。現場はとても明るくて、楽しくお芝居することができました」と、緊張がほぐれたエピソードを明かした。

 また、役作りについて「監督とはご一緒するのが2回目だったので、お話をいただいたときに連絡をして、たくさん役についてお話をしました。理解が難しいところは細かく話し合いをさせていただきました」と語った。

山本舞香(菅原遥香役)コメント

オファーを受けた際の心境

とてもうれしかったです。長年続いている作品にまさか声を掛けていただけるとは思っていなかったので、お話をいただいたときはびっくりしました。

役柄の印象

監督とはご一緒するのが2回目だったので、お話をいただいたときに連絡をして、たくさん役についてお話をしました。理解が難しいところは細かく話し合いをさせていただきました。

共演した水谷豊、反町隆史について

ものすごく緊張しました。でも、現場に入ってご挨拶をさせていただいたとき、水谷さんと反町さんがスタッフさんたちにグータッチでフランクに挨拶を交わされているのを見かけて……。そんなお2人が作る現場はとても明るくて、楽しくお芝居することができました。

視聴者へのメッセージ

約20年続いている『相棒』に参加させていただいて、私自身とても勉強させていただきました。やさしい気持ちで見ていただけたらうれしいです(笑)。

山本舞香
山本舞香
山本舞香
20220118_aibou_05
20220118_aibou_04
20220118_aibou_03
20220118_aibou_02
previous arrow
next arrow
20220118_aibou_05
20220118_aibou_04
20220118_aibou_03
20220118_aibou_02
previous arrow
next arrow

■放送情報
『相棒 season20』
テレビ朝日系にて、毎週水曜21:00~21:54放送
出演:水谷豊、反町隆史、森口瑤子、川原和久、山中崇史、篠原ゆき子、山西惇、浅利陽介、田中隆三 
ゲスト出演:山本舞香、宮田早苗、筒井巧、勝部演之ほか
脚本:川﨑龍太
監督:権野元
音楽:池頼広
制作:テレビ朝日/東映
(c)テレビ朝日
公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou
公式Twitter:https://twitter.com/aibouNow
公式Facebook:https://www.facebook.com/AibouNow
公式Instagram:https://www.instagram.com/aibougram_official/

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる