会社の不正に立ち向う女性たちの逆転劇 『サムジンカンパニー1995』予告編&場面写真

 7月9日より公開されるコ・アソン主演映画『サムジンカンパニー1995』の予告編と場面写真が公開された。

 舞台は1995年のソウル。大企業に勤める高卒女性社員のジャヨン、ユナ、ボラムの3人は、実務能力は完璧ながら、仕事はお茶くみや書類整理など雑用ばかり。そんな彼女たちに会社の方針でTOEIC600点を超えたら、“代理”に昇進できるチャンスが到来する。ステップアップを夢見て英語の勉強に励む中、偶然ジャヨンが会社の工場から汚染水が流出しているのを目撃してしまう。その証拠を隠蔽しようとする会社を相手に、彼女たちは解雇の危険を顧みず、力を合わせて真相解明に向けて立ち上がる。

 時には弱気になりながらも真相追及を諦めない芯の強さを持つジャヨンを演じるのは、『グエムル-漢江の怪物-』『スノーピアサー』のコ・アソン。ジャヨンの同期で推理小説マニアの姉御肌ユナには『小公女』『ハッピーログイン』のイ・ソム、数学オリンピックで優秀な成績を残す会計部の心優しき天才シム・ボラムには『スウィング・キッズ』『あなた、そこにいてくれますか』のパク・ヘスが集結した。

 監督を務めたのは、ペ・スジ主演『花、香る歌』のイ・ジョンピル。本作について「核心は人々の中にあった“ファイト”という気持ち。生きていく中で直面する大小さまざまな問題を、諦めず、文句を言わずに解決しようとする人々の物語です。こんなことで世の中が変わるのか?と考えながらも、自分を守るため前に進んで行く人たちの話を作りたいと思いました。 “たとえ小さな存在でも私たちは偉大なのだから” そんな信念と共に、自分の仕事に責任感と誇りを持った人たちの話を楽しくかっこよく描きたかった。何よりも堂々としていて凛々しい彼女たちの突き進む姿を見せたかったのです」と語っている。

映画『サムジンカンパニー1995』予告編

 公開された予告編では、サムジン電子に勤める生産管理3部のジャヨン、マーケティング部のユナ、会計部のボラムが、実務能力が完璧ながら電話取りや書類整理、掃除やお茶くみなど雑用ばかりに明け暮れる様子が。コーヒーを作りながら「なぜ女が外で働き出したか知ってる? 安い賃金でよく働くからよ」と嘆くユナたち。ある日、TOEIC600点以上取った者を「代理」に昇格させることが社内で発表されると、「3カ月で600点以上なんて無理よ」と言いながらも、活躍の場を広げる夢と希望を持ってこぞって英語教室に通い始める。そんな中、ジャヨンは自社工場から有害物質を含む工業用廃水が川に流出しているのを偶然目撃、しかし会社がその事実を隠蔽していることを知る。解雇の危険も顧みず「剣を抜いたのに何もしないの?」と必死に訴えるジャヨンたちは果たして真相解明することができるのか。

■公開情報
『サムジンカンパニー1995』
7月9日(金)シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー
出演:コ・アソン、イ・ソム、パク・ヘス
監督:イ・ジョンピル
配給:ツイン
提供:ツイン、Hulu
2020年/韓国/110分/シネスコ/5.1ch/字幕翻訳:小西朋子
(c)2020 LOTTE ENTERTAINMENT & THE LAMP All Rights Reserved.
公式サイト:samjincompany1995.com