アカデミー賞受賞のアンソニー・ホプキンスの奇妙なやりとりが 『ファーザー』本編映像公開

 5月14日より公開される映画『ファーザー』より、本編映像が公開された。

 本作は、世界30カ国以上で上演された舞台を映画化した人間ドラマ。自身と同名で生年月日も同じ主人公の父親を、現在83歳のアンソニー・ホプキンスが演じ、『女王陛下のお気に入り』のオスカー女優オリヴィア・コールマンが、愛する父の変化に戸惑い悩む娘を演じた。監督を務めたのは原作舞台を手がけ、これが長編初監督作となったゼレール。ゴールデングローブ賞では4部門にノミネートされ、先日実施されたアカデミー賞授賞式では、脚色賞とホプキンスの主演男優賞“史上最高齢”受賞の2部門で受賞を果たした。

 ロンドンで独り暮らしを送る81歳のアンソニーは記憶が薄れ始めていたが、娘のアンが手配する介護人を拒否していた。そんな中、アンから新しい恋人とパリで暮らすと告げられショックを受ける。だがそれが事実なら、アンソニーの自宅に突然現れ、アンと結婚して10年以上になると語る、この見知らぬ男は誰なのか。なぜ彼はここが自分とアンの家だと主張するのか。そしてアンソニーのもう一人の娘、最愛のルーシーはどこに消えたのか。現実と幻想の境界が崩れていく中、最後にアンソニーがたどり着いた“真実”とは……。

映画『ファーザー』本編映像

 公開された本編映像は、娘アンの帰宅を知り玄関に迎えに行く父アンソニーの姿からスタート。しかし、そこには自分が思う姿とは別の姿のアンがいた。「何かあった?」と尋ねるアンに対し、「この茶番は何だ」と反論、「アンだ、アンはどこにいる」と“本当の娘の姿”をひたすら探す。しかし、突如一転、「そうかね」と笑顔でアンに「何を買ってきたのか」と話を変える。

 また、本作をいち早く鑑賞した瀬々敬久、行定勲、白石和彌のコメントも公開された。

コメント

瀬々敬久(映画監督)

アンソニー・ホプキンスの一挙手一投足は舞踏のように荘厳でありながら、リアリティの極致に到達している。
人間という「生き物」を演じながら、人生の「真実」に触れてくる。まるで即身仏のようで、私たちは初めてこのような映画を見る幸福を味わえるのだ。

行定勲(映画監督)

アンソニー・ホプキンスのリアリティのある深淵なる演技。失われし記憶、しかし、執着だけは残る人間の悲しみ。これは他人事ではない。
これほど自分の記憶が抜け落ち混濁する様をここまで実感できる映画はなかったのではないか。

白石和彌(映画監督)

認知症である父の視点で戸惑い不安に陥りながら過ごす90分。スリラーのような感覚に陥るが、見終わるととても愛しい時間を過ごしていたことがわかる。アンソニー・ホプキンスの素晴らしい演技にただただ圧倒された。

■公開情報
『ファーザー』
5月14日(金)、TOHO シネマズ シャンテほか全国ロードショー
監督:フロリアン・ゼレール
脚本:クリストファー・ハンプトン、フロリアン・ゼレール
原作:フロリアン・ゼレール『Le Pere』
出演:アンソニー・ホプキンス、オリヴィア・コールマン、マーク・ゲイティス、イモージェン・プーツ、ルーファス・シーウェル、オリヴィア・ウィリアムズ
配給:ショウゲート
2020/イギリス・フランス/英語/97分/カラー/スコープ/5.1ch/原題:The Father/字幕翻訳:松浦美奈
(c)NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINE-@ORANGE STUDIO 2020
公式サイト:thefather.jp