阿部寛も出演のマレーシア映画『夕霧花園』公開決定 3つの時間軸からなるラブストーリー

 マレーシア映画『夕霧花園』が7月24日より公開されることが決定。あわせて、メインビジュアルと場面写真が公開された。

 本作は、ブッカー賞ノミネート、マンアジア文学賞と歴史小説のウォルタースコット賞を受賞した、マレーシアの作家タン・トゥアンエンの小説『The Garden of Evening Mists』を原作に、『星空』『百日告別』のトム・リンが監督を務め映画化したラブストーリー。

 物語は亡き妹の夢である日本庭園造りに挑んだヒロイン・ユンリンと日本人庭師・中村が出会ったことで動き出す。キャメロンハイランドの美しい景色を舞台に、日本軍による占領という歪んだ主従関係にあったマレーシアと日本という国の因縁を超えて惹かれ合う2人。戦中の1940年代、戦後の1950年代、1980年代からなる3つの時間軸が描かれる。

 ユンリンを演じたのは、香港・台湾映画界をメインに活動するマレーシア出身のリー・シンジエ。日本人庭師・中村役は『ドラゴン桜』(TBS系)の阿部寛が務めた。庭師であり多才な芸術家、そして終戦時、日本軍により埋められたとされる莫大な埋蔵金「山下財宝」にまつわる秘密を握るスパイ疑惑をかけられるキャラクターを演じている。また、台湾を代表する女優であり、監督としての活躍も目覚ましいシルビア・チャンが1980年代のユンリン役を担当。そのほか、『ドラゴン・タトゥーの女』『オーシャンズ13』などのジュリアン・サンズ、映画監督のホー・ユーハンがカメオ出演している。

 公開されたメインビジュアルは、「交差する記憶と終わりの想い」というコピーとともに、ヒロイン・ユンリンと中村有朋のそれぞれの目線が印象的なものとなっている。

 情報発表にともない、トム・リン監督と阿部からはコメントも寄せられている。

コメント

トム・リン監督

この度、『夕霧花園』がようやく日本で公開される運びとなり、大変嬉しく思っています。過去3作品にわたって私の映画が日本で公開されてきましたが、今回が一番興奮し、また同時に緊張もしています。
激動の時代の禁じられたロマンス──『夕霧花園』はそんな重厚な題材を扱っていますが、その中に強い愛や、哀れみ、そして救済のメッセージを伝えています。
私が愛情を注ぎ手掛けたこの作品の物語が、みなさまに感動をもたらすことを願っています。

阿部寛(中村有朋役)

トム・リン監督より出演依頼がマレーシアのastro Shawという制作会社経由で事務所までメールで連絡を頂きました。
話を進めるにつれ、監督の熱意が伝わってきました。
まず脚本を読ませて頂き、そこから一年近く監督とのやり取りを経て本作品への出演を決めました。
その後、歴史背景についてはドキュメンタリーや本などを通して色々リサーチし、有朋(アリトモ)の役は、日本庭園の庭師であり、また彫り師でもあり、
日本の精神性を表現する文化ですから、実際に庭師の先生や、彫り師の先生、また茶道の先生たちにも直接ご指導頂きました。
有朋のキャラクターはミステリアスとも言えるかもしれませんが、武士道のような一種の美学が彼にはあり、それは日本人の僕としてとても共感できるもので、そういう意味ではとても親しみが持て、演じやすい人物でもありました。
監督から聞いた言葉でもありますが、悪者と善人を単純に描くという良くある戦争映画ではありません。
戦争で傷ついた心をもつ人物たちが愛を通して理解し、許し合うラブストーリーです。そこを皆様にはぜひ観て頂きたいです。

■公開情報
『夕霧花園』
7月24日(土)より、渋谷ユーロスペースほか全国順次公開
出演:リー・シンジエ、阿部寛、シルヴィア・チャン、ジョン・ハナー、ジュリアン・サンズ、デビッド・オークス、タン・ケン・ファ、セレーヌ・リム
監督:トム・リン
脚本:リチャード・スミス
原作:タン・トゥアンエン
撮影:カルティク・ビジェイ
美術:ペニー・ツァイ・ペイリン
衣装:ニーナ・エドワーズ
ヘアメイク:ニッキー・グーリー、ビビー・チャウ
特殊メイク:カレン・タン、グレース・チョン
編集:スー・ムン・タイ
音楽:オン・サン
制作:Astro Shaw & HBO Asia
提供:マクザム、太秦
配給:太秦
後援:在京マレーシア大使館
協力:大阪アジアン映画祭
2020/マレーシア/120分/カラー/ビスタ/5.1ch字幕:川喜多綾子/字幕監修:山本博之
(c)2019 ASTRO SHAW, HBO ASIA, FINAS, CJ ENTERTAINMENT  ALL RIGHTS RESERVED