『るろうに剣心 最終章 The Final』ついに公開! 世界レベルのアクションを見逃すな

 リアルサウンド映画部の編集スタッフが週替りでお届けする「週末映画館でこれ観よう!」。毎週末にオススメ映画・特集上映をご紹介。今週は、過去3作のリバイバル上映をコンプリートした宮川が『るろうに剣心 最終章 The Final』をプッシュします。

『るろうに剣心 最終章 The Final』

 2012年に公開された『るろうに剣心』から始まった映画『るろうに剣心』シリーズの完結編、『るろうに剣心 最終章 The Final』がついに公開された。

 2019年4月に2作連続での製作が発表された今回の『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』の2作。当初は2020年の7月3日と8月7日にそれぞれ公開される予定だったが、新型コロナウイルスの影響により公開が延期に。その後、公開日が調整され、2021年4月23日より『The Final』が、そして6月4日より『The Beginning』が公開されることになった。

 3度目の緊急事態宣言が発令されるかどうかという不運なタイミングでの公開となってしまったが本作だが、原作ファンやシリーズファンはもちろん、過去作を観ていない人も存分に楽しめる、アクション映画として屈指の完成度。“映画館で観ないと意味がない”レベルの作品であることは間違いない。

 原作漫画の最後のエピソードである「人誅編」をベースにした『The Final』で描かれるのは、主人公・緋村剣心と、剣心の十字傷の謎を知る男で、上海マフィアの頭目である“シリーズ最恐の敵”・縁の因縁の戦い。縁役に抜擢されたのは、この4月で国内での俳優活動を休止し、海外進出を果たす新田真剣佑。これまで、吉川晃司(鵜堂刃衛役)、綾野剛(外印役)、藤原竜也(志々雄真実)、神木隆之介(瀬田宗次郎)ら名だたる俳優陣が演じ、強烈な印象を残してきた『るろうに剣心』における“シリーズ最恐の敵”の名に相応しい、圧倒的なアクションを冒頭から展開していく。