『アフリカン・カンフー・ナチス』予告編公開 若本規夫ナレーションに監督「信じられない」

 6月12日よりシアター・イメージフォーラムほかにてロードショーされる映画『アフリカン・カンフー・ナチス』の予告編が公開された。

 本作は、世界征服を目論むヒトラーと東條英機が、アフリカの人々を新たな人種ガーナ・アーリア人として洗脳し、それに対し地元のカンフー道場に通うぐうたらな青年が一念発起して立ち向かうというB級映画。悪しき植民地主義者を叩きのめすアクションであるとともに、現代に蔓延る搾取構造や力を崇める権力者達の姿を滑稽に描く。

 日本在住のドイツ人監督セバスチャン・スタインがアフリカへ乗り込み、“ガーナのジョージ・ルーカス”の異名を持つ映画監督・ニンジャマンとタッグを組んで、映画化を実現させた。

映画『アフリカン・カンフー・ナチス』予告編

 公開された予告編は、『サザエさん』『ドラゴンボールZ』『銀河英雄伝説』などで知られる声優・若本規夫がナレーションを担当。アフリカに流れ着いた独裁者たちが、現地の人々を“ガーナアーリア人”として洗脳し、再び世界征服を企む様子や、手始めに地元のカンフー道場を襲撃する様子、恋人や仲間、すべてを奪われた落ちこぼれの道場生・アデーが、カンフーを武器に独裁者達に復讐を誓う姿が描かれている。

 完成した予告編について、スタイン監督は「めちゃいいですね! 最高! ドイツにいた20歳の頃、僕はとにかく『ドラゴンボール』に夢中だった。自分の作品の予告ナレーションをセルの声を演じた人にやってもらえただなんて信じられないよ! あの時の自分に教えてあげたい! そして、もうひとつ。ガーナ映画の予告編がこのようにナレーションやテロップをつけられて、日本でお披露目されることは初めてだと思います。ガーナの人々はとても喜ぶと思います」とコメントを寄せた。

■公開情報
『アフリカン・カンフー・ナチス』
6月12日(土)シアター・イメージフォーラムほかにて公開
監督:セバスチャン・スタイン、ニンジャマン
脚本:セバスチャン・スタイン
製作:プロデューサーマン
出演:エリーシャ・オキエレ、マルスエル・ホッペ、秋元義人、ンケチ・チネドゥ、セバスチャン・スタイン
配給:トランスフォーマー
2020年/ガーナ、ドイツ、日本合作/英語、ドイツ語、日本語、トウィ語/84分/ビスタ/カラー/原題:African Kung-Fu Nazis/日本語字幕:Kurofin Blackchang
(c)2020 BUSCH MEDIA GROUP. ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:transformer.co.jp/m/akfn
公式Twitter:@Ghanarians