『ゴジラvsコング』日本版主題歌がMAN WITH A MISSIONの新曲に決定

 5月14日に公開される映画『ゴジラvsコング』の日本語版主題歌が、MAN WITH A MISSIONの新曲「INTO THE DEEP」に決定した。

 ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズ、東宝が提携し、『GODZILLA ゴジラ』より展開してきた「モンスター・ヴァース」シリーズ。前作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』で怪獣たちとの死闘の末、王(キング)として覚醒したゴジラが今回対峙するのは、映画史に君臨する究極のモンスター・コング。かつて日本で制作された『キングコング対ゴジラ』以来となるマッチメイクが、ふたたび実現する。

 同映画を愛する狼たちは地球最大の究極対決へ共鳴し、日本公開にあたり新曲「INTO THE DEEP」を提供。作曲を担当したJean-Ken Johnnyは「ゴジラハ自分ノ中ノ絶対的ナアイコンデモアッタノデ私ノ中ノ少年ハ完全ニ踊リ狂ッタノデス」とかねてから大ファンだった一面を覗かせた。

 また、MAN WITH A MISSIONは同楽曲を含むニューシングル『INTO THE DEEP』を6月9日にリリースする。楽曲「INTO THE DEEP」のアレンジにはBOOM BOOM SATELLITESの中野雅之が参加。カップリングには5月7日に公開となる映画『ヒノマルソウル ~舞台裏の英雄たち~』の挿入歌「Perfect Clarity」、新曲「小さきものたち」、さらには2019年にリリースされたTVアニメ『ヴィンランド・サガ』のオープニング・テーマでもある「Dark Crow」をアメリカの人気メタルバンドLimp BizkitのDJリサールによるリミックス「Dark Crow」(LETHALDOSE REMIX)を収録する。初回盤付属DVDには、昨年10月~12月にかけて実施された3ヶ月連続デジタルシングルリリース記念ライブの模様も収められる。

コメント

MAN WITH A MISSION Jean-Ken Johnny(Guitar、Vocal、Rap)

巨大ナ怪獣トイウモノハドウシテコウモ心ヲクスグルノダロウカ。圧倒的ナ存在感ト恐怖ト同時ニ神秘的ナ何カヲ感ジテシマウ。ゴジラトコングハマサニソノ象徴デアリ、本映画ノ日本版主題歌ヲ担当サセテイタダケルトイウ話ガ来タトキニハ本当ニ少年サナガラ心ガ躍リマシタ。狼ナノデ子供ノ頃トカソウイウノハナイノデスガ・・・ソンナ事ハドウデモ良クテ、コトサラゴジラハ自分ノ中ノ絶対的ナアイコンデモアッタノデ私ノ中ノ少年ハ完全ニ踊リ狂ッタノデス。GOD(神ノ)ZILLA(怪獣)。言ウナレバ神獣トカ神竜トカ。ヤバイダロ。心踊ラナイ奴イナイダロ。取リ乱シマシタ。トニカクソノ畏怖ト神秘ヲ表現シタクテプリミティブデプライマルナ衝動ヲ掻キ立テルト同時ニ荘厳カツ攻撃的ナ楽曲ヲ生ミ出ス様ニ心ガケマシタ。僭越ナガラ映画ノ予告編デ我々ノ本楽曲ガ流レタモノヲ先ニ拝見サセテイタダイタ時ニ「ヤベェ、コレハエグイグライカッコイイゾ」ト自分デモ思ッテシマッタノハ内緒デス。映画館デ是非コノ2大怪獣ノ共演ヲ目ノ当タリニシ、我々ノ楽曲トトモニ興奮シテイタダキタイト思イマス。

プロデューサー:アレックス・ガルシア

“MAN WITH A MISSIONは『ゴジラvsコング』で衝突する映画界の2大アイコンのスケールの大きさと気高さを見事に捉えた曲を書いてくれました。伝説的な怪獣たちに捧げるにふさわしい曲を、このような尊敬を集めるバンドが作ってくれたことを私たちは大変光栄に思います。”

アダム・ウィンガード監督

“子供の頃から、ゴジラとコングが大画面でぶつかり合うことを夢見ていました。まるで、MAN WITH A MISSIONがその夢と心を通わせて、この映画にぴったりの曲を書いてくれたかのようです。MAN WITH A MISSIONのような画期的なバンドが生み出す刺激に満ちた曲が、『ゴジラvsコング』と一緒に流れることに私はとても感激しています。” 

■公開情報
『ゴジラvsコング』
5月14日(金)全国公開
出演:アレクサンダー・スカルスガルド、ミリー・ボビー・ブラウン、レベッカ・ホール、ブライアン・タイリー・ヘンリー、小栗旬、エイザ・ゴンザレス、ジュリアン・デニソン、カイル・チャンドラー、デミアン・ビチル
監督:アダム・ウィンガード
脚本:エリック・ピアソン マックス・ボレンスタイン
製作:レジェンダリーピクチャーズ ワーナーブラザース
配給:東宝
(c)2021WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.