チャドウィック・ボーズマンが繰り広げるアクションや銃撃戦 『21ブリッジ』本編映像

 チャドウィック・ボーズマンが主演・プロデュースを務めた映画『21ブリッジ』の本編映像が公開された。

 2020年8月28日、ガンのため43歳の若さで亡くなったボーズマンが主演を務めた本作は、ニューヨークのマンハッタン島を舞台に、警察官の父を殺害された過去を持つアンドレ刑事(チャドウィック・ボーズマン)が、孤立無援の中、街ぐるみの犯罪に挑むクライム・アクション・ミステリー。

 『アベンジャーズ/エンドゲーム』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の監督ほか、多くのヒット作を手がけるジョー・ルッソ&アンソニー・ルッソ兄弟が製作を務め、『ゲーム・オブ・スローンズ』などのブライアン・カークが監督を担当。共演には、『アメリカン・スナイパー』のミラー、『バトルシップ』のテイラー・キッチュ、『セッション』のJ・K・シモンズらが名を連ねている。

『21ブリッジ』本編映像

 公開されたのは、事件の犯人であるレイ(ステファン・ジェームス)が、警察に見つかり逃走するシーン。パトカーやヘリからの猛攻撃を振り切り、NYの街を縦横無尽に逃げ回るレイ。そんな中、アンドレ刑事も、レイを追って激走。地下鉄に逃げ込む彼を、改札を飛び越え食らいつき、犯人確保の刑事使命に燃える必死の追跡を見せる。

 ボーズマンは1シーンを除いてノースタントで演じており、アクションや銃撃戦など、全編にわたってリアルな映像となっている。また、撮影前にNY市警の警官の夜間パトロールに同行するなど、役作りにも熱を入れていたボーズマン。カーク監督は「全てチャドウィックの入念な準備があったからこそです。撮影に入る頃には銃の扱いにも⻑けていて、警察の描写もとてもリアルなものになりました。彼は車にぶつかるシーン以外はノースタントで挑み、本人が演じたからこそのリアルさをこの作品では得られました」と演技を追求するボーズマンについてコメントを寄せた。

■公開情報
『21ブリッジ』
4⽉9⽇(金)全国ロードショー
監督:ブライアン・カーク
脚本:アダム・マーヴィス、マシュー・マイケル・カーナハン
製作:ジョー・ルッソ、アンソニー・ルッソ
出演:チャドウィック・ボーズマン、シエナ・ミラー、テイラー・キッチュ、J・K・シモンズほか
配給:ショウゲート
2019/中国・アメリカ/99分/原題:21 Bridges
(c)2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:21bridges.jp
公式Twitter:@21bridges_jp
公式Facebook:https://www.facebook.com/21Bridgesmoviejp