ガーナの青年がヒトラー&東條英機を叩きのめす 『アフリカン・カンフー・ナチス』6月公開

 映画『アフリカン・カンフー・ナチス』が6月12日よりシアター・イメージフォーラムほかにて公開されることが決定し、あわせてポスタービジュアルと場面写真が公開された。

 

本作は、世界征服を目論むヒトラーと東條英機が、アフリカの人々を新たな人種ガーナ・アーリア人として洗脳し、それに対し地元のカンフー道場に通うぐうたらな青年が一念発起して立ち向かうというB級映画。悪しき植民地主義者を叩きのめすアクションであるとともに、現代に蔓延る搾取構造や力を崇める権力者達の姿を滑稽に描く。

 日本在住のドイツ人監督セバスチャン・スタインがアフリカへ乗り込み、“ガーナのジョージ・ルーカス”の異名を持つ映画監督・ニンジャマンとタッグを組んで、映画化を実現させた。

 残虐非道なヒトラーをスタイン監督本人が演じ、監督の友人であり普段は相模原で便利屋を営む一般人・秋元義人も「なんでもやる便利屋だから」とガーナに渡りカラテの達人・東條英機に扮した。そして、主人公アデー役のクワク・アドゥやサミュエル・アサンテらが出演する。なお、日本語字幕は関西弁仕様となっている。

 公開されたポスタービジュアルでは、「燃えよ、アフリカン拳」というコピーとともに、劇画タッチでアデー、ヒトラー、東條英機らキャラクターの姿が捉えられている。

■公開情報
『アフリカン・カンフー・ナチス』
6月12日(土)シアター・イメージフォーラムほかにて劇場公開
監督:セバスチャン・スタイン、ニンジャマン
脚本:セバスチャン・スタイン
製作:プロデューサーマン
出演:エリーシャ・オキエレ、マルスエル・ホッペ、秋元義人、ンケチ・チネドゥ、セバスチャン・スタイン
配給:トランスフォーマー
2020年/ガーナ、ドイツ、日本合作/英語、ドイツ語、日本語、トウィ語/84分/ビスタ/カラー/原題:African Kung-Fu Nazis/日本語字幕:Kurofin Blackchang
(c)2020 BUSCH MEDIA GROUP. ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:transformer.co.jp/m/akfn
公式Twitter:@Ghanarians