間宮祥太朗×鈴木伸之×清水尋也の姿が 『東京リベンジャーズ』第2弾ムビチケビジュアル公開

 7月9日公開の映画『東京リベンジャーズ』の第2弾ムビチケビジュアルが公開された。

 『週刊少年マガジン』連載中で、累計発行部数は800万部を超える和久井健の人気コミック『東京卍リベンジャーズ』の実写映画化プロジェクトとなる本作は、ヘタレ男子のタケミチが、人生唯一の彼女・橘ヒナタを救うため、未来を変えようと奮闘する物語。キャストには、北村匠海、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮らが名を連ね、『賭ケグルイ』シリーズ、『ぐらんぶる』の英勉が監督を務める。

 5月14日より発売される第2弾ムビチケは、“愛美愛主・メビウスチーム”より、裏で暗躍する愛美愛主幹部・稀咲鉄太(間宮祥太朗)、タケミチの天敵・清水将貴の通称キヨマサ(鈴木伸之)、東京卍會に対し稀咲とともに暗躍する謎の不良・半間 修二(清水尋也)の3名の姿を切り取ったもの。愛美愛主の特攻服カラーでもある白を基調としたデザインとなっている。

 また、それぞれのキャラクターのキーとなるセリフも添えられており、冷笑が印象的な稀咲の野望を匂わせる「隣にいるべきはドラケンじゃない。俺だ。」、キヨマサの「謝っても逃がさねーぞ?」、そして半間の「そんなに急ぐなよ。今日は挨拶に来ただけだ」と、セリフがそれぞれビジュアルとともに刻まれている。

 なお、全10種類のうち最後となる第3弾は“東卍チーム”のデザイン。東京卍曾、無敵の総長・佐野万次郎、通称マイキー(吉沢亮)、マイキーの相棒で東京卍會副総長・龍宮寺堅、通称ドラケン(山田裕貴)、頼れる存在である東京卍會の弐番隊隊長・三ツ谷隆(眞栄田郷敦)の3名のビジュアルが使用されるという。

■公開情報
『東京リベンジャーズ』
7月9日(金)全国公開
出演:北村匠海、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮
原作:和久井健『東京卍リベンジャーズ』(講談社『週刊少年マガジン』連載中)
監督:英勉
脚本:高橋泉
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)和久井健/講談社 (c)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会
公式サイト:tokyo-revengers.jp
公式Twitter:@revengers_movie
公式Instagram:@revengers_movie