夫の離婚宣言から始まる家族のリスタート アネット・ベニングとビル・ナイの共演作公開へ

 アネット・ベニング、ビル・ナイ、ジョシュ・オコナーの共演作『Hope Gap(原題)』が、邦題『幸せの答え合わせ』として6月4日より全国順次公開されることが決定した。

 アカデミー賞4度ノミネート、ゴールデングローブ賞6度ノミネートおよび2度の受賞を誇る『20センチュリー・ウーマン』のアネット・ベニングと、『ラブ・アクチュアリー』で英国アカデミー賞に輝いた演技派俳優ビル・ナイが、結婚29年目に突然、夫の方から別れを切り出す夫婦を演じる。彼らの一人息子役に、大ヒットテレビシリーズ『ザ・クラウン』でチャールズ皇太子役を演じてゴールデングローブ賞を獲得、ロエベやブルガリのアンバサダーを務める英国若手俳優ジョシュ・オコナーが扮する。『グラディエーター』でアカデミー賞脚本賞を受賞したウィリアム・ニコルソンが、自身の両親との実体験をもとに脚本を書き上げ、自ら監督も務めた。

 イギリス南部の海辺の町シーフォード。近くの崖下には「ホープ・ギャップ」と呼ばれる入り江が広がり、美しい景色が散策する者たちの心を癒してくれる。この町で暮らすグレースとエドワードは、もうすぐ結婚29周年を迎えようとしていた。仕事を引退したグレースは詩集の作成に時間を費やし、エドワードは高校で教師をしている。独立して家を出た一人息子のジェイミーが久しぶりに帰郷した週末、エドワードは突然、「家を出て行く」とグレースに別れを告げる。その理由を聞いて耳を疑うグレースとジェイミー。絶望と怒りに支配される母を支えるジェイミーも、自身の生き方や人間関係を見つめ直していく。3人それぞれの痛みはしかし、思いもしなかった明日を連れて来る。

 あわせて公開されたメイン写真では、29年間連れ添った夫婦の妻グレースを演じたベニングと、夫エドワードを演じたナイが、イギリス南部の海辺の町シーフォードにある「ホープ・ギャップ」と呼ばれる美しい入り江が広がる崖の上で静かに佇む姿が切り取られている。2人の絶妙な距離感から夫婦の関係の綻びがうかがえるものとなっている。

■公開情報
『幸せの答え合わせ』
6月4日(金)より、kino cinema横浜みなとみらい、kino cinema立川高島屋S.C.館、kino cinema天神ほか全国順次公開
監督・脚本:ウィリアム・ニコルソン
出演:アネット・ベニング、ビル・ナイ、ジョシュ・オコナー
提供:木下グループ
配給:キノシネマ
2018年/イギリス/英語/カラー/スコープサイズ/DCP/5.1ch/100分/原題:Hope Gap/レイティング:G/字幕翻訳:川喜多綾子
(c)Immersiverse Limited 2018
公式サイト:https://movie.kinocinema.jp/works/hopegap