山崎育三郎、『監察医 朝顔』出演 『イチケイのカラス』検事役での登場に「不思議な感覚」

 山崎育三郎が、フジテレビ月9ドラマ『監察医 朝顔』の最終話に4月クールのフジテレビ月9ドラマ『イチケイのカラス』で演じる井出伊織役で登場する。

 『週刊漫画サンデー』(実業之日本社)で連載されていた法医学者と刑事という異色の父娘を描いた同名医療漫画をドラマ化した『監察医 朝顔』。続編では、2019年夏クール放送の第1シーズンと同様に各話で、主人公で法医学者の万木朝顔(上野樹里)と、父でベテラン刑事の万木平(時任三郎)たちが、さまざまな事件と遺体に相対していく。そして、前作よりも深く、東日本大震災と母の死に朝顔が向き合っていく姿が描かれる。

 『イチケイのカラス』は、東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)の型破りな刑事裁判官・入間みちお(竹野内豊)と、みちおに振り回されながらも真実をつかもうと奔走する坂間千鶴(黒木華)らイチケイメンバーの活躍を描く。

 山崎が演じる正義感の強いクールな中堅検事・井出は、特捜部に声を掛けられるほど優秀で、このほど自由奔放なみちおのお目付け役として東京地検第3支部に異動してきた。異動して早々、みちおの型破りなスタイルに戸惑い、仰天し、振り回されることになるが、裁判所主導の現場検証に立ち会ったり、法廷での言動を見聞きしたりするうちに、みちおの裁判官としての確固たる信念に気づき一目置くようになる。一方で、起訴した以上、被告人の有罪判決を勝ち取らなければならないという検察官の使命もあり、一筋縄ではいかないみちおの存在は井出にとって厄介でもある。検察官としての使命感、みちおとともに真実を明らかにしたいという信念のはざまで葛藤しながらも、その誠実さで裁判官、書記官からの信頼は厚い。他方、元高校球児で、エースで4番、甲子園ベスト4進出という輝かしい経歴の持ち主で、度々行われるイチケイと検察チームの因縁の交流戦では毎回大活躍を見せる。

 今回のクロスオーバー出演では、井出が、ひょんなことから朝顔たちのいる法医学教室を訪れることに。山崎が『監察医 朝顔』の撮影現場に入ると、スタッフから「井出伊織役の山崎育三郎さんです!」と、大きな拍手とともに紹介があり、山崎は「イチケイから来ました!」と、笑顔であいさつ。クールを超えて、法医学者と検事がコラボレーションを果たす。

山崎育三郎 コメント

クロスオーバー出演について

クロスオーバー出演ということが初めてだったので、『監察医 朝顔』の世界に『イチケイのカラス』の井出としての出演は、不思議な感覚はありました。『監察医 朝顔』の皆さんが積み重ねてきた空間にお邪魔させて頂き、上野さん始め出演者の皆さんが温かく迎えて下さったので、リラックスして楽しみながら撮影に挑む事ができました。そして何より、監督含め、撮影現場の皆さんのチームワークの良さに感激しました。

『イチケイのカラス』のみどころ

『イチケイのカラス』は、これまでにない裁判官に焦点をあてた作品で、数々の事件と戦う魅力的なキャラクターたちが登場します。笑えて泣けて、最後は幸せな気持ちになる、入間みちお劇場をお楽しみ下さい。

■放送情報
『監察医 朝顔』最終話
フジテレビ系にて、3月22日(月)21:00〜放送
※30分拡大
出演:上野樹里、時任三郎、風間俊介、志田未来、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES)、藤原季節、斉藤陽一郎、坂ノ上 茜、田川隼嗣、宮本茉由、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、加藤柚凪、戸次重幸、平岩 紙、ともさかりえ、三宅弘城、杉本哲太、板尾創路、山口智子、柄本明 ほか
原作:『監察医 朝顔』(実業之日本社)
脚本:根本ノンジ
プロデュース:金城綾香
演出:平野眞、阿部雅和
制作:フジテレビ
(c)フジテレビ

『イチケイのカラス』
フジテレビ系にて、4月5日(月)スタート 毎週月曜21:00~21:54放送
※初回30分拡大(21:00~22:24)
出演:竹野内豊、黒木華、新田真剣佑、山崎育三郎、草刈民代、小日向文世、中村梅雀、升毅、桜井ユキ、水谷果穂ほか
原作:浅見理都
脚本:浜田秀哉
音楽:服部隆之
プロデュース:後藤博幸、有賀聡、橋爪駿輝
編成企画:高田雄貴
演出:田中亮、星野和成、森脇智延、並木道子
制作協力:ケイファクトリー
制作・著作:フジテレビ第一制作室
(c)フジテレビ
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/ichikei/
公式Twitter:@ichikei_cx