『泣くな研修医』面倒くさい放射線科医役で山口智充、患者の父親役で木村昴が出演へ

 白濱亜嵐がテレビ朝日連続ドラマ初主演を務める『泣くな研修医』に、山口智充と木村昴が出演することが決定した。

 本作は、現役外科医・中山祐次郎のデビュー作にしてベストセラー同名小説を連続ドラマ化する、現役医師が描いた医療現場のリアリティーと「生きること」の光と影が詰まった物語。

 うっとおしいほどの熱い情熱と持って一人前の医師になることを目指す雨野隆治(白濱亜嵐)が、研修医としてその第一歩を踏み出した先で待ち受けていたのは、何もできず、何もわからず、先輩医師や上司から怒られるばかりの毎日。それでも押し寄せる傷ついた患者を前に、無力である現実に打ちのめされ、葛藤し、幾度となく涙を流しながら、それでも“医師”という職業への強い思いと熱意を失わず、同僚の研修医たちと共に成長していく姿を描く。

 隆治が働く牛ノ町総合病院の放射線科で働くベテラン放射線科医の藤堂浩司を演じるのは、モノマネに歌にその多彩な実力でバラエティー番組で活躍するだけでなく、NHK連続テレビ小説『あすか』や『木更津キャッツアイ』シリーズ(TBS系)、『真夜中の弥次さん喜多さん』などのドラマや映画にも出演する山口。その山口が本作で演じる藤堂は、腕は確かだが先輩風をビュービュー吹かせ、やや面倒な性格の持ち主だ。本来、外科とは医療連携を取らねばならない、切っても切り離せない関係の放射線科でありながら、当日の予約は基本受け付けず、研修医が上司の指示で急ぎのお願いをした時には説教だけでなく昔話までし始めるという、隆治ら研修医のある意味、天敵のような存在。今作の出演に山口は「久しぶりのドラマ、それも初めての医者の役にワクワクしています!」と心境を語った。

 そして、事故で牛ノ町総合病院に救急搬送されてきた子どもの父親・山下武を演じるのは、『ドラえもん』のジャイアンこと剛田武や『ヒプノシスマイク』の山田一郎の声で知られ、数々のアニメ作品の声優や映画の吹き替え、ナレーションで引っ張りだこのほか、ラッパーや俳優としても活躍する木村。重症を負った子どもを心配するあまり、気が動転して、時に隆治に食い下がったり、時に突拍子もない行動をとったり、隆治たちを振り回すことになる。木村は「はじめての父親役! 自分の中にある『お父さん像』のようなものをフルで生かして挑戦します!」と気合十分のコメントを寄せている。

コメント

山口智充(藤堂浩司役)

久しぶりのドラマ、それも初めての医者の役にワクワクしています! 今回演じる藤堂のように、こういう面倒くさいけど、人間くさい人、僕は好きです。
さらに主演の白濱亜嵐くんは、爽やかでキラキラしてて……ご一緒させて頂いてるだけで刺激になります! とにかく、自分にとっても「楽しみ」が詰まったドラマです。リアルだからこそ決して大袈裟ではないこの素敵な人間ドラマを見て、心温まりましょう!

木村昴(山下武役)

今回の出演のお話をいただいた時は、とっても嬉しかったです。また新たなことに挑戦できるワクワクが大きかったことを覚えています。しかも、はじめての父親役! 自分の中にある「お父さん像」のようなものをフルで生かして挑戦します。絵に描いたような子煩悩で、息子のことを気にかけるあまり、白濱さん演じる雨野先生に執拗につめよるシーンが印象的で。きっと僕もいつか子供を授かったら、ああなるんだろうなと思いました。
撮影中は白濱亜嵐さんとのシーンがほとんどなのですが、撮影の合間にもとっても気さくに話してくださる、大変フレンドリーな方です。楽しく撮影に臨ませていただいた『泣くな研修医』、ぜひ楽しみにご覧ください!

■放送情報
『泣くな研修医』
テレビ朝日系にて、4月スタート 毎週土曜23:00~23:30放送
出演:白濱亜嵐、木南晴夏、野村周平、柄本時生、恒松祐里、山口智充、木村昴
原作:中山祐次郎『泣くな研修医』(幻冬舎文庫)
脚本:樋口卓治
ゼネラルプロデューサー:横地郁英(テレビ朝日)
プロデューサー:服部宣之(テレビ朝日)、残間理央(テレビ朝日)、山本喜彦(MMJ)、小路美智子(MMJ)
演出:豊島圭介、朝鳥ツワ子、小松隆志
制作:テレビ朝日、MMJ
(c)テレビ朝日