ドキュメンタリー映画『ブックセラーズ』先行試写会に5組10名様をご招待

 ドキュメンタリー映画『ブックセラーズ』が4月23日より公開される。

 本作は、世界最大規模のニューヨークブックフェアの裏側から、“ブックセラーズ”の世界を紐解いていくドキュメンタリー。映画に登場するブックセラーは、ニューヨークの老舗書店の人々から、業界で名を知られたブックディーラー、希少本のコレクター、古書業界に新しい風をもたらす若手から伝説の人物まで。彼らは皆、本をビジネスとして扱うだけでなく、本への愛情に溢れている。中には「奇人」とも「物好き」とも言いたくなるユニークなキャラクターの持ち主もいる。時に感動を、時に笑いを与えてくれる彼らに迫る。

 辛辣でありながらユーモアあふれる語りで、映画の要所要所に登場するのは、NY派の作家、フラン・レボウィッツ。Netflixで配信が始まったばかりのマーティン・スコセッシの新作ドキュメンタリーシリーズ『都市を歩くように -フラン・レボウィッツの視点-』の主人公である。また、ビル・ゲイツによって史上最高額の2800万ドル(約28億円)で競り落とされた本『レオナルド・ダ・ヴィンチのレスター手稿』や、『若草物語』のルイーザ・メイ・オルコットが偽名で書いたパルプ小説、宝石が施された本、人間の皮膚で作られた本など、コレクターしか見ることのできないような希少本が多数紹介される。ドキュメンタリーで活躍してきたD・W・ヤングが監督を務め、『ヘンリー・フール』『コロンバス』のパーカー・ポージーが製作総指揮とナレーションを担当した。

 リアルサウンド映画部では、4月12日に開催される本作の先行試写会に5組10名様をご招待。概要・応募方法は以下の通り。

『ブックセラーズ』先行試写会

日時:4月12日(月)18:15開場/18:30開演(上映時間99分)
登壇ゲスト:佐藤龍(かげろう文庫 店主)、山路和広(Flying Books店主)
会場:日比谷図書文化館コンベンションホール(東京都千代田区日比谷公園1-4)

※上映終了後、「かげろう文庫」店主 佐藤龍、「Flying Books」店主 山路和広による30分のトークのほか、ニューヨークのブックセラーズからのメッセージ動画上映も予定しています。
※マスコミ取材が入る場合があります。
※新型コロナウイルス感染症の影響により、ゲストは予告なく変更、イベントが中止、日程変更となる場合があります。予めご了承ください。
※本試写会の中止・延期等が生じた際には、映画公式Twitter/Facebook等にてご案内させて頂きます。

応募方法

リアルサウンド映画部の公式Twitterをフォロー&該当ツイートをRTのみ。
※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。

<リアルサウンド映画部 公式Twitter>
https://twitter.com/realsound_m

<応募締切>
3月24日(水)

■公開情報
『ブックセラーズ』
4月23日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、UPLINK吉祥寺ほか全国順次公開
監督・編集:D・W・ヤング
製作総指揮:パーカー・ポージー
配給:ムヴィオラ、ミモザフィルムズ
アメリカ映画/2019年/99分/字幕翻訳:斎藤敦子
公式サイト:http://moviola.jp/booksellers/