誌面からスクリーンへ 玉城ティナや八木アリサなど『ViVi』出身女優の目覚ましい活躍

 このところ雑誌『ViVi』モデルが映画やドラマへ出演し、女優として転身するケースが多くみられる。振り返ってみれば、佐久間由衣やトリンドル玲奈、水原希子なども元は『ViVi』モデルだ。雑誌面を華やかに彩ることと、スクリーン上で表情や感情の動きを見せることとは、また違った手法の違いがあることだろう。近年とくに目覚ましい活躍がみられるのは、玉城ティナと八木アリサ、そしてemmaだ。

 玉城ティナは、講談社主催のアイドルオーディションで「ミスiD2013グランプリ」を獲得。その後2012年10月号から『ViVi』の専属モデルを担っている。アメリカと日本のミックスである彼女は、誰もの目と心を惹きつけるその容姿を最大限に活かし、モデルだけではなく女優としても活躍の場を増やしていった。2014年『ダークシステム 恋の王座決定戦』(TBS)にて女優デビュー。その後、2018年の『わたしに××しなさい!』(MBS/TBS)や2020年の『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(MBS/TBS)などで主演を務めるなど、着実に経験を積んでいる。

『極主夫道』(c)読売テレビ

 記憶に新しいのは『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系)で見せた、つっけんどんで無愛想なカフェ店員の役だろう。玉木宏らが演じる眼光鋭い極道たちが来店しても、怯えることなくカジュアルに突っかかっていく様子は見ていて爽快。第2話でスペシャルパフェを頼んだ龍(玉木宏)に対し「その顔でいつもパフェ、ウケる」と軽口を叩いたり、スマホを持って逃げてしまった雅(志尊淳)を追いかけながら「あの金髪、ヤバみの極みの金髪だな」と独特の語彙を披露したり。決して目立つ役どころではないが、作品に色を添えるスパイス的存在として際立っていた。

 映画では『暗黒女子』(2017年)や『地獄少女』(2019年)などが代表作。この二作品とも、玉城ティナの日本人離れした容姿がスクリーン上で大いに映えている。『暗黒女子』は終始ダークな学園モノで、玉城ティナが演じたのはブルガリアから来日した留学生。端正な表情で花壇を踏み荒らしたり、人形にハサミを突き立てたりする演技は実に鬼気迫っていた。

『地獄少女』(c)地獄少女プロジェクト/2019 映画『地獄少女』製作委員会

 『地獄少女』ではスクリーンに映る総時間こそ短いが、要所に入れ込んでくる原作お馴染みの「いっぺん、死んでみる?」のセリフをものにしている。表情の乏しい役が妙に上手く、どこかサイコパス味があって薄ら寒くなるほど。感情の薄いアンドロイドのような役から、『極主夫道』のようなカジュアルな役まで幅広い。