細田佳央太、『ドラゴン桜』続編で“東大専科”の生徒役に 「身が引き締まる思いです」

 細田佳央太が、4月期のTBS日曜劇場枠で放送される『ドラゴン桜』の新シリーズに出演することが発表された。

 本作は、2005年7月期に金曜ドラマ枠で放送され、社会的ブームを巻き起こした『ドラゴン桜』の続編となる新シリーズで、週刊漫画誌『モーニング』(講談社)にて2018年から連載中の三田紀房による『ドラゴン桜2』が原作。前作ドラマの原作である『ドラゴン桜』(2003年〜2007年連載/講談社)の10年後のストーリーとなる。

 主人公となる元暴走族の弁護士・桜木建二を演じるのは、前作から引き続き阿部寛。桜木がかつて受け持った「東大クラス」の教え子・水野直美役で長澤まさみ、桜木と水野が今作で再建に挑むことになる学園の教頭・高原浩之役に及川光博、桜木法律事務所のNo.2で桜木が最も信頼している弁護士・岸本香役で早霧せいな、学園の理事長・龍野久美子役で江口のりこ、桜木の元教え子役で佐野勇斗、“東大専科”の生徒役で南沙良の出演が決定している。

 前作で龍山高校を退職してからは、その功績を買われ弁護士として私立大学の経営指導をするべく各地を転々としていた桜木。偏差値30の学校ながら東大合格者を出した龍山高校だが、桜木が去った後は下降の一途を辿っていた。その窮地を救うべく、再び龍山高校からのオファーを受ける――というところから物語は始まる。

 “東大専科”の2人目の生徒役として発表された細田が演じるのは、とある問題を抱え周囲から孤立しているものの、昆虫が大好きな心優しき生徒・原健太。細田は2019年に公開された石井裕也監督の映画『町田くんの世界』で、1000人以上の中からオーディションで選ばれ主演を勝ち取った。原がどのように“東大専科”に入るのか、そして彼に隠されたある秘密が注目ポイントとなる。

 また、“東大専科”の生徒を演じる残る5人のキャストは、ドラマ公式Twitterで随時発表される予定だ。

細田佳央太(原健太役)コメント

原健太役の細田佳央太です。
日曜劇場に出演することが1つの目標だったので、オーディションを経て、健太役に選んでいただけたと聞いた時はとてもうれしかったです。
僕が演じる原健太は、とある問題を抱えている少年です。僕自身もそうですが、普段の生活の中で、他人と比べて劣等感を抱いてしまったり、何らかの壁があって生き辛く感じたりすることもあると思います。しかし、だからといって自分の夢ややりたいことを、決して諦めたくはありません。
このドラマをご覧になって、また、健太という役を通して、どんなに高い壁があったとしても、夢を叶えるために頑張ろう!と前向きな気持ちを持っていただけたらうれしいです。
監督とお話しし、健太のイメージに近づけるように(体重を)増量し、これから髪も短く切って撮影に臨みます。外見を変えることでの役作りは初めてで、身が引き締まる思いです。
一つ一つ丁寧に演じることを心掛けて頑張ります。是非、ご覧ください!

■番組情報
日曜劇場『ドラゴン桜』
TBS系にて、4月スタート 毎週日曜21:00~放送
出演:阿部寛、長澤まさみ、南沙良、細田佳央太、佐野勇斗、早霧せいな、江口のりこ、及川光博ほか
原作:三田紀房『ドラゴン桜2』(講談社刊)
プロデュース:飯田和孝、黎景怡
脚本:オークラ、李正美ほか
演出:福澤克雄ほか
製作著作:TBS
(c)TBS