『おちょやん』杉咲花、篠原涼子に続く“強い妻”に 心に刺さる結婚の先輩・みつえの一言

 千代(杉咲花)と一平(成田凌)が夫婦となり、3年の月日が流れた。一つ屋根の下、仲むつまじい暮らしを送っているかと思いきや、千代は一平や劇団員の寝食の世話に追われる日々を送っている。NHK連続テレビ小説『おちょやん』が第14週初日を迎え、千代と一平のやや不穏な結婚生活が垣間見える回となった

 遅くまで飲んでいたと思しき劇団員たちを帰した後、千代は一平を起こし、朝食を用意して待っている。しかし一平は「ええ話思いついたさかい、忘れんうちに書いとかな」と朝食そっちのけで台本に向かってしまう。

 岡安でシズ(篠原涼子)が「離縁し」と口にしたとき、千代は一平に対する不平不満をバーッと吐き出した。宗助(名倉潤)同様「離縁」の響きにハラハラした視聴者もいるかもしれないが、思いを吐き出し、表情がスッキリした千代を見れば、今すぐ離縁する気はないと分かる。

 とはいえ、そこで千代たちの結婚生活に安心感が芽生えるかというとそうでもない。物語冒頭、千代は「ええかげんに起きさらせ!」と寝ている劇団員に啖呵を切ったが、その姿はまるで酒を飲んでばかりのテルヲ(トータス松本)に蹴りを入れた幼き頃の千代のようだった。千代に生活の全てを託して過ごす一平や劇団員の中にテルヲが混ざっていても、正直、違和感がない。また第13週でも千代は、一人暮らしを始めた一平の食卓でテキパキ動いていたが、一平たちに甲斐甲斐しく世話を焼く姿は、妻というよりお茶子のようだった。威勢よく言い放ちながらも面倒を見る姿は千代らしいといえば千代らしいのだが、それが夫婦として最善の関係なのかは疑問が残る。