坂東龍汰が過ごした、伊藤沙莉&堺小春との“濃い1日” 「アウトプットするのが楽しかった」

 2020年はそれぞれ5作もの映画・ドラマに出演し、2017年のデビュー以来、着実に俳優としてのキャリアを伸ばしている坂東龍汰。2021年が始まってすぐに放送された1月期ドラマ『夢中さ、きみに。』(MBS)では、同世代の若手俳優たちの中もで抜きん出た存在感をみせた、今後も公開・放送待機作が多く待ち構えている引っ張りだこの俳優だ。

 そして、坂東が出演するHuluオリジナル『THE LIMIT』が3月5日から配信スタートする。本作は、劇団「玉田企画」を主宰する演出家・玉田真也、お笑いコンビ・かもめんたるの岩崎う大、『かもめ食堂』『彼らが本気で編むときは、』の荻上直子の3人が、サスペンス、コメディ、ラブストーリーなど多彩なジャンルにわたる“半径3メートルの人間ドラマ”。

 第1話「ネコと井戸」に出演する坂東に、本作で共演した伊藤沙莉、堺小春との演技での発見や、本作のテーマとなる「究極の選択」をした経験について聞いた。(編集部)

伊藤沙莉、堺小春との濃い1日

――『THE LIMIT』は、“リミット空間”という同じテーマの中で、ワンシチュエーション、1話完結、オムニバス形式という構成自体が、とてもおもしろいなと思いました。

坂東龍汰(以下、坂東):僕も、おもしろいなと思いました。「ネコと井戸」では、ほぼ3人の会話劇がワンシチュエーションで繰り広げられていきます。独特のテンポ感があるので、演じる側としては緊張感もありました。現場は和気あいあいとしていたんですけど、ワンカットがかなり長かったので、いざ「スタート」となると、ピシッピシッて(笑)。後半になるに連れて「間違えないように、間違えないように……」と、集中力がどんどん高まっていく感じでしたね。

――ちなみに、何かやらかしちゃいましたか?

坂東:やらかしちゃいました(笑)。噛んだり、セリフが飛んだり、テンポがいい会話の時にセリフが被さっちゃったり。みんな1回くらいやっちゃってましたね。(声のトーンを上げ、手を合わせて)「あちゃ~! ごめ~ん!!」って(笑)。

――そのテンションで謝れる現場というのが、救いでしたね(笑)。

坂東:そう思います(笑)。伊藤さん、堺さんに仲良くしていただいて、すごく楽しかったです。

――今作の魅力はどこに感じましたか?

坂東:空気が途切れないというか、そこにある空気感が最初から最後までしっかり繋がっていくんです。でも、その間に空気の流れは変わっていくし、一人ひとりから出ている矢印が交差していく。それでいて、根本にあるのは3人の「ネコを助けたい」っていう気持ちで。いろんな情報がもりだくさんなのに、観ていると全てがしっかり入ってくる。それはワンシチュエーションならではだし、作品のおもしろさなんじゃないかなと思います。

――伊藤さん、堺さんの印象はいかがでしたか?

坂東:明るいです(笑)。すっごく明るくて、すごく優しくて。お喋りが大好きで、ずーっと笑ってましたね。それを聞いて、僕も「ハッハッハッ」って(笑)。おふたりは、もともととても仲がいいので、演じていても、その関係性があるからこそのテンポ感が出ていたのかなと思います。そんなおふたりに、僕は混ぜてもらった感じですね。

――作中の関係性と近いですね。

坂東:本当に近かったです。どこからカメラが回っていて、どこから普段の話なのかっていう境目がないくらい、1日中、3人で話していました。

――映像を見ていても、あまりに自然で「すべてアドリブなのでは?」と思うほどでした。実際、セリフとのバランスはどんな感じだったのでしょうか?

坂東:僕はアドリブ、ゼロだと思います。台本に、「あの」とか「えー」とか、かなり細かく書かれていたんですよ。「……」だけのセリフとかがたくさんあって、最初に台本を読んだ時には「これ難しい!」と思いました(笑)。「あ、ああ」とか「う、うん」とか細かく書かれていたので、おふたりのテンポ感の中に、どこまで僕が入っていけるのかなって、ちょっとドキドキしながら。でも現場に入っちゃうと、不思議とできちゃうんだなって思いました。

――すごくナチュラルに見えたので、アドリブがないと聞いて驚きました。

坂東:ありがとうございます。それが一番嬉しいお言葉かもしれないです。

――3人がほぼ出ずっぱりの作品ですが、演じる上で普段と意識を変えた部分はありますか?

坂東:空気を乱さない、ということですかね(笑)。本当におふたりが念願の、念願の、念願の共演で、すごく楽しみにされていたみたいで。その中にネコと僕がいきなり登場してくるので、おふたりの邪魔をしないように、大切に入って行けたらなとは思っていました。

――新しい挑戦が多い今作を通して、あらためて「役者っておもしろいな」と感じたことはありましたか?

坂東:それこそ、僕自身も「あれ? これはセリフだったっけ?」と思ってしまうようなお芝居が、目の前で繰り広げられていたんです。おふたりからすごく刺激を受けましたし、そういう風にアプローチするんだっていう発見が常にありました。いろんな影響を瞬時に受け取って、アウトプットするのが楽しかったし、それを考える時間がすごく有意義だったし……濃い1日でしたね。1日で全部撮ったんですけど、ファーストシーンからラストシーンまで、僕はずっと勉強させてもらっている感じでした。なので、今後いろんな役をやる中で、あの時のテンポ感とか、アドリブなのかセリフなのかわからないようなトーンのお芝居っていうのは、活きてくる瞬間があると信じています。