藤木直人、広瀬すずと『なつぞら』以来の再共演 『エアガール』松雪泰子、吉岡秀隆も出演

 広瀬すずがテレビ朝日ドラマ初主演を務めるスペシャルドラマ『エアガール』に、藤木直人、田中哲司、鶴見辰吾、真飛聖、橋爪功、松雪泰子、吉岡秀隆が出演することが決定した。

 本作は、空へのあこがれを胸に、どこまでもひたむきに激動の昭和を駆け抜けた、戦後初のCA=“エアガール”を広瀬が演じるお仕事ドラマ。第二次世界大戦で敗戦国となった日本は、GHQに航空関係の活動を一切禁止され、戦後、日本人が日本の空を飛ぶことは許されていなかった。そんな苦難の時代に、日本の空を取り戻すべく奮闘した人々の姿を描く。

 ヒロイン・佐野小鞠はパイロットを夢見ながらも、「空を飛んでみたい!」の一心でエアガールという超人気職業に挑んだ女性。そんな未知の世界に向かって懸命に羽ばたいたチャレンジ精神旺盛な小鞠を広瀬が演じるほか、主人公と淡い恋を繰り広げるパイロット志望の青年役で坂口健太郎、同期のエアガール役で山崎紘菜、藤野涼子、中田クルミ、伊原六花が出演する。

 脚本を担当するのは、ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)、映画『テルマエ・ロマエ II』、『映画ビリギャル』などを手がけてきた橋本裕志。『松本清張ドラマスペシャル・三億円事件』、『やすらぎの郷』、『やすらぎの刻~道』(いずれもテレビ朝日系)などの藤田明二が演出を担当する。

 史実を礎にフィクションとして描かれる本作の中で藤木が演じるのは、終戦後、吉田茂首相の右腕としてGHQと渡り合い、新憲法の制定にも関わった実在の人物・白洲次郎。日本の航空事業については海外企業に委ねるべきという考えを持ち、本作では小鞠たちとは相対する立場。彼らの前に立ちはだかる“大きな壁”として登場する。

 藤木は「まさか、自分が白洲次郎さんを演じることになるとは思ってもいませんでした」と今回のオファーに驚きながらも、今なおファンの多い白洲を演じるにあたって文献や映像に触れて役作りを重ねたことを告白。また、NHK連続テレビ小説『なつぞら』で“育ての父”を演じた藤木は「勝手ながら僕はもうすずちゃんの父親だと思っているので(笑)、久々に再会できてすごくうれしかったですね」と、広瀬との共演を喜んだことも明かした。

 主人公・小鞠の叔母であり、料亭の女将でもある佐野千代役を演じるのは松雪。千代は、家族を失った小鞠を引き取って厳しくしつけるが、その根底にあるのは深い愛情。松雪は「彼女の中に小鞠という存在がしっかり流れている」と広瀬の演技に感服し、「小鞠ちゃんの成長を見ていただきたいですね。純粋にキラキラ真っすぐ進んでいく姿は、みなさんの胸を打つのではないかと想像しています」と“叔母目線”で見どころを語っている。

 そして、吉岡は“戦後日本航空事業の父”とよばれる実在の人物をモデルにして作り上げた松木静男というキャラクターを演じる。「日本人の手に日本の空を取り戻したい」という熱い信念を抱き、不屈の精神で邁進する男だが、その佇まいの中にどこか温かみ、柔らかさも感じさせる人物。吉岡は「コロナ禍だからなおさら、かつてこういう人物が日本に存在したことを知り、うれしく思いました」と松木の情熱に感銘を受け、「今だからこそ大切に見てほしい作品ですし、みなさんにも感じ取れるものがたくさんあるドラマだと思います」と呼びかけている。

 さらに、田中哲司が『日本民間航空』設立に向けて尽力する柳沢誠二、鶴見辰吾がその初代会長に就任する藤原一郎を演じる。また、真飛聖が柳沢の妻であり、エアガールたちを温かく見守る立場の美代子を演じるほか、橋爪功が現代のシーンに登場する謎の老紳士役で出演する。

藤木直人(白洲次郎役)コメント

オファーを受けたときの気持ち

まさか、自分が白洲次郎さんを演じることになるとは思ってもいませんでした。みんなが憧れる日本のヒーローでもあるので……。この作品に描かれているのは白洲次郎さんの一部分ではありますが、撮影に入る前には白洲さんについて書かれた文献や映像に触れたり、白洲邸の“武相荘”を訪ねたりと準備をしました。

『なつぞら』以来の広瀬すずとの共演について

勝手ながら僕はもうすずちゃんの父親だと思っているので(笑)、久々に再会できてすごくうれしかったですね。一緒のシーンはほとんどなかったので、この作品の中ですずちゃんがどんなお芝居を見せてくれるのか、一視聴者として楽しみにしています。

対立する役柄・松木静男を演じた吉岡秀隆の印象

今回は吉岡さんと2人のシーンがほとんどで、しかも敵対する者同士という役柄でした。吉岡さんとは今から約20年前にご一緒して(『喪服のランデヴー』(NHK総合))以来だったのですが、今回久しぶりにお会いしたときに、お互いに「お久しぶりです! あのときは……」という話題になりました。松木と白洲は敵対する間柄でありながら、どこかで通じあうところがないと演じられないかなと思っていたので、その会話で早くも手ごたえを感じました。

お気に入りシーンや、注目シーン

とにかく監督の撮影のテンポが速くて、1回もモニターチェックをしていないのでどんな風に映っているのかわからないのですが(笑)、松木は松木なりの思いや正義があり、白洲も同じように日本に対する思いや正義を持っていると思って演じました。それがうまく映っているといいなと思います。

視聴者へメッセージ

小鞠をはじめとするみんなが数々の困難にも元気やユーモアを失わずに立ち向かっていく姿を、今だからこそみなさんに見ていただきたいですね。元気や勇気をもらえる作品になっていると思うのでぜひご覧ください。

松雪泰子(佐野千代役)コメント

演じる上で心がけたこと

私が演じる千代はもともと芸者さんだったのですが、戦後すべてを失って、料亭の女将として生きはじめるんです。戦後の混乱の中、したたかさを持ちながら力強く生き抜く女性という印象ですね。
家族を亡くした小鞠をなんとか守らなくてはという思いを持っていて、彼女に対する厳しさは“愛情”。力強さと快活さ、そしてある種の威厳が出るように意識し、時には思いきり厳しく言葉をかけたり……と、緩急を大事に演じました。また、元芸者なのでそこはかとない色っぽさも出せればと思いました。

姪の小鞠を演じた広瀬すずの印象

お芝居に対してとても誠実で、丁寧に演じていらっしゃるなという印象です。シーンで相対している間中、彼女の中に小鞠という存在がしっかり流れていて、それが感情としてしっかり伝わってくるので、一緒にやらせていただいていてとても楽しい時間でした。

お気に入りシーンや、注目シーン

私のシーン……というより、小鞠ちゃんの成長を見ていただきたいですね。純粋にキラキラ真っすぐ進んでいく姿は、みなさんの胸を打つのではないかと想像しています。また、戦後どうやって航空会社が日本に登場したのかを改めて知る意味でもとても意義がある作品だと思いますし、日本がどのように復興していったか、どのようなエネルギーがそこにあったか、今の世にも通ずるものが描かれていると感じました。力と勇気をいただける作品になるんじゃないかなと思います。

視聴者へメッセージ

とにかく叔母としては、小鞠の美しい成長を見守っていただければ幸いに思います(笑)。どうぞ楽しんでご覧になってください。

吉岡秀隆(松木静男役)コメント

出演が決まったときの気持ち

僕が演じた松木は日本の空を取り戻そうと奮闘した男ですが、こういう方が存在したことを知らなかったので、本当にすごいなと思いました。白洲次郎と対立する役柄なのですが、実は僕、白洲次郎が好きなんですよ(笑)。でも松木と白洲次郎が、それぞれ違う意見を抱きながら日本の未来を思っていた……という構図がとても面白いなと思いますし、コロナ禍だからなおさら、かつてこういう人物が日本に存在したことを知り、うれしく思いました。

英語のセリフについて

実は僕、英語にはトラウマがあるんです。19歳のころ、映画の撮影で英語のセリフに13回もNGを出しまして……。そのとき、今後一切、英語はしゃべらないと心に誓ったのですが、今回、プロデューサーが「どうしても」とおっしゃるので頑張りました。でもやっぱり現場に行くと、トラウマがよみがえって……完全に覚えていても頭が真っ白になるんです。やっぱり今後一切、英語は話さないと決めました(笑)。

主演・広瀬すずの印象

シーン中、演技でアイコンタクトを交わしただけで、きちんとお芝居を見ている方だなとわかりました。撮影の合間は何気ない会話を交わしたぐらいですが、芯がしっかりしている方だなと感じました。

お気に入りシーンや、注目シーン

やっぱりみなさんご存じの白洲次郎を演じる藤木直人さんとの対決シーンですね。このシーンは、撮影がはじまってわりとすぐのロケで、自分自身もまだ現場に慣れていない状況でしたから、どんなふうに出来上がっているのか楽しみです。

視聴者へメッセージ

苦しい状況下の中でも目を見開いて未来を考えた人たちがたくさんいた……というのは日本の素晴らしさだと思いますし、その礎の上で僕たちが今も働くことができるんだとわかって、とても感じるものがありました。今こういう状況だからこそ大切に見てほしい作品ですし、みなさんにも感じ取れるものがたくさんあるドラマだと思います。

■放送情報
スペシャルドラマ『エアガール』
テレビ朝日系にて、3月20日(土)21:00〜放送
出演:広瀬すず、坂口健太郎、山崎紘菜、藤野涼子、中田クルミ、伊原六花、藤木直人、田中哲司、鶴見辰吾、真飛聖、橋爪功、松雪泰子、吉岡秀隆
脚本:橋本裕志
監督:藤田明二(テレビ朝日) 
原案:中丸美繪『日本航空一期生』(中公文庫)
音楽:沢田完
エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:神田エミイ亜希子(テレビ朝日)、中込卓也(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)、新井宏美(角川大映スタジオ)
制作著作:テレビ朝日
制作協力:角川大映スタジオ
(c)テレビ朝日