孤独を抱えたK・ウィンスレットとS・ローナンの姿が  『アンモナイトの目覚め』新場面写真

 『ゴッズ・オウン・カントリー』のフランシス・リー監督最新作『アンモナイトの目覚め』の新場面写真が公開された。

 開催を見送られた第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクションに選ばれた本作では、ケイト・ウィンスレットとシアーシャ・ローナンが初共演。世に忘れられた古生物学者メアリーと、裕福な化石収集家の妻シャーロットという、真逆でありながら、ともに孤独を抱えた女性の姿を描く。ウィンスレットがメアリーを、ローナンがシャーロットを演じ、『英国王のスピーチ』『LION/ライオン〜25年目のただいま〜』のイアン・カニングがプロデューサーを務める。

 公開されたのは、ウィンスレット扮するメアリーと、ローナン扮するシャーロットの2人を切り取った11点の場面写真。写真には、男性優位の階級社会の中で、自力で生き抜こうとする労働者階級のメアリーと、高級ドレスを身にまとい裕福な生活を送るシャーロットのそれぞれの佇まいからキャラクターが際立っている。イギリス南西部の気候の激しい沿岸部の町を舞台とし、クラシカルな装いとストイックな空気感が絵画のようなカットの数々となっている。

■公開情報
『アンモナイトの目覚め』
4月9日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国順次ロードショー
監督:フランシス・リー
出演:ケイト・ウィンスレット、シアーシャ・ローナン
配給:ギャガ
R-15
(c)The British Film Institute, The British Broadcasting Corporation & Fossil Films Limited 2019