イラストレーター loundraw初監督映画『サマーゴースト』2021年公開 Z会とのコラボも決定

 イラストレーターとして活躍するloundrawの初監督映画作品『サマーゴースト』が2021年に公開されることが決定し、あわせてティザービジュアルが公開された。

 loundrawはイラストレーターとして10代で商業デビュー後、小説『君の膵臓をたべたい』『君は月夜に光り輝く』などの装画を担当。さらに、監督・脚本・構成・キャラクターデザイン・原画・動画・背景・撮影の全てを自身で務めた卒業制作オリジナルアニメーション『夢が覚めるまで』のYouTubeでのバイラルヒットを経て、2019年1月にアニメーションスタジオ「FLAT STUDIO」を設立した。新たな挑戦として短編アニメーション映画の制作を掲げ、イラストレーターから映画監督へ、というキャリアを歩んでいる。

 loundrawは「自分が自分でなくなっていっていく。そんな自分を、どうにかつなぎ止めたくて描いた落書き。映画『サマーゴースト』は、そんな一枚のイラストから生まれた物語」と語る。

 公開されたティザービジュアルには、夜に沈みかける紺碧の空、その彼方で夕日に照り輝く雲、そして憂いを帯びた眼差しでそれぞれ異なる先を見つめる2人の少年、友也と涼と1人の少女、あおいが描かれており、友也が持つ線香花火は勢いよく火花を散らしている。

 また、本作とZ会とのコラボレーションが決定した。「様々な悩みや葛藤を抱えながら今を生きる若者たちへ、彼らを励まし応援するメッセージとなる映像を制作して欲しい」というZ会からloundrawへのオファーをきっかけに、コラボレーションが実現。『サマーゴースト』の世界に存在するもうひとつの物語として、監督・演出・キャラクターデザイン・作画監督・美術監督・撮影監督・編集の全てをloundrawが担い、コンセプトムービー『一番近くて遠い星』が制作された。2014年に公開された、Z会と新海誠監督とのコラボレーション作品『クロスロード』に続く形で、約7年ぶりにアニメーション作品とのコラボレーションが行われる。

 『一番近くて遠い星』は、志望校合格をめざす天文部の高校生、香織を主人公とした物語。映像内では、香織と同じくそれぞれの人生の岐路に立つ3人の高校生、友也、あおい、涼の姿も映し出されている。

loundrawコメント

loundraw

映画のタイトルが公開されました。
『サマーゴースト』
ひと夏の、ある不思議な日々を過ごした少年少女のお話です。

2018年9月29日。僕は「Summer Ghost」という絵を投稿しました。
思っていたほど器用に生きられなくて、でも、孤独を楽しめるほど強くもなくて。
期待に応えようとするほどに、自分が自分でなくなっていっていく。
そんな自分を、どうにかつなぎ止めたくて描いた落書き。
映画『サマーゴースト』は、そんな一枚のイラストから生まれた物語です。

ここで生きているということ。作品を通して、それをもう一度確かめてみたいと思いました。
正論で語れるほど、僕たちは簡単ではないから。綺麗事でない弱さや身勝手さ、そこまで含めて、生きるということだ。
そんな気持ちを、ちゃんと形にして残すべきだと思ったのです。

皆さんの心のどこかに、そっと残り続ける。『サマーゴースト』がそんな作品になるよう願いながら、ずっと制作をしています。
楽しみにしていてください。よろしくお願いいたします。

■公開情報
『サマーゴースト』
2021年公開
(c)サマーゴースト
公式サイト:https://summerghost.jp
公式Twitter:@summerghost_PR