木下ほうか×中山来未が愛欲地獄へ 『裸の天使 赤い部屋』4月2日レイトショー公開決定

 映画『裸の天使 赤い部屋』が、4月2日よりシネマート新宿にて2週間限定レイトショー公開されることが決定。あわせてポスタービジュアルと場面写真が公開された。

 本作は、江戸川乱歩の短編小説『畸形の天女』を映画化したエロティック・サスペンス。江戸川乱歩の短編小説を現代にアレンジした『赤い部屋』シリーズの第2弾となる。不動産会社社長として働く男が、日常から解放されるため週に一度“冴えない中年男”に変装して過ごすなかで不思議な魅力を持つ少女と出会い、抜け出せない愛欲地獄へと向かっていく。

 妻子を持ち、社会的地位を築きながら、仕事も手につかなくなるほど一人の少女にのめり込んでいく松永を木下ほうかが演じる。松永をつややかな瞳で翻弄していく少女・文子を演じるのは、オーディション番組『ザ・ラストヒロイン~ワルキューレの審判~』で15万人の中からラストヒロインに選ばれ、TBS・Paraviのバラエティ『恋んトス season8』にも出演し話題を呼んだ中山来未。『失恋殺人』『D坂の殺人事件』『屋根裏の散歩者』『メビウスの悪女 赤い部屋』で江戸川乱歩の小説を原作に妖艶な世界を作り続けている窪田将治が監督を務めた。

 公開されたポスタービジュアルには、「死ねばずっと一緒にいれる?」のキャッチコピーとともに、松永が文子を抱きかかえる姿が写し出されている。

■公開情報
『裸の天使 赤い部屋』
4月2日(金)、シネマート新宿にて2週間限定レイトショー
出演:木下ほうか、中山来未、柳憂怜、波岡一喜、草野康太、仁科貴
原案:江戸川乱歩『畸形の天女』
監督・脚本・編集:窪田将治
エグゼクティブプロデューサー:村上潔
プロデューサー:山口幸彦、宮下昇
配給:キングレコード
(c)2021「裸の天使 赤い部屋」製作委員会