「ホウ・シャオシェン大特集」開催決定  『風が踊る』ほか日本で上映可能な関連作全22作上映

 「台湾巨匠傑作選2021―侯孝賢監督デビュー40周年記念<ホウ・シャオシェン大特集>」が、4月17日から6月11日にかけて新宿K’s cinemaにて開催されることが決定した。

 

昨年2020年に映画監督生活40周年を迎えたホウ・シャオシェン監督が、同年11月に中華圏映画のアカデミー賞と称される金馬奨の名誉賞である終身成就賞を受賞したことを記念し、監督、出演及びプロデュース作品まで、現在日本で上映可能なホウ・シャオシェン関連作全22作品を一挙上映する。

 1989年に『悲情城市』がヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞し、台湾映画初の世界三大映画祭グランプリ受賞の快挙を成し遂げたホウ・シャオシェン監督。エドワード・ヤンらとともに台湾ニューシネマを牽引し、『戯夢人生』『好男好女』『憂鬱な樂園』『フラワーズ・オブ・シャンハイ』など映画史に残る名作を生み出し、『黒衣の刺客』はカンヌ国際映画祭監督賞を受賞した。フランスや日本とも合作で映画を製作し、近年は、自身の監督作のみならず台湾の若手監督の育成にも尽力し『台北暮色』などのプロデュース作も数多く手がけている。

 開催記念の特別上映として、台湾ニューシネマ以前の瑞々しい息吹が感じられる、1981 年の監督デビュー2作目『風が踊る』をデジタルリマスター版で公開するほか、『フラワーズ・オブ・シャンハイ』を4Kデジタルリマスター版で劇場初上映。そして、親交のあるオリヴィエ・アサイヤス監督がホウ・シャオシェンの素顔に迫ったドキュメンタリー『HHH:侯孝賢(デジタルリマスター版)』も劇場プレミア上映される。

『風が踊る(デジタルリマスター版)』(c)1982 KamSai(H.K.)Company/(c)2018 Taiwan Film Institute.All rights reserved.

■公開情報
「台湾巨匠傑作選2021―侯孝賢監督デビュー40周年記念<ホウ・シャオシェン大特集>」
4月17日(土)~6月11日(金)まで新宿K’s cinemaにて開催
配給:オリオフィルムズ
配給協力:トラヴィス

『風が踊る(デジタルリマスター版)』
監督・脚本:ホウ・シャオシェン
出演:フォン・フェイフェイ、ケニー・ビー、アンソニー・チャン、メイ・ファン
1981年/台湾/シネスコ/92分
英題:Cheerful Wind
(c)1982 KamSai(H.K.)Company/(c)2018 Taiwan Film Institute.All rights reserved.