チェン・ユーシュン監督最新作『1秒先の彼女』予告編&ビジュアル完成 公開日は6月25日に

 チェン・ユーシュン監督最新作『My Missing Valentine(英題)』が、『1秒先の彼女』の邦題で6月25日より新宿ピカデリーほかにて全国公開されることが決定し、あわせてティザービジュアルと予告編が公開された。

 

90年代台湾映画界において、エドワード・ヤン、ホウ・シャオシェンらとは一線を画す“台湾ニューシネマ”の異端児として出現したユーシュン監督の長編復帰3作目となる本作は、20年前から温めていた脚本を基に作り上げた、“消えたバレンタイン”を巡って時間の流れが異なる男女が織りなすファンタジックなラブストーリー。ユーシュン監督は、独特のタッチで瑞々しい青春模様を描いた『熱帯魚』『ラブ ゴーゴー』以来、しばらく映画製作から離れ、CM業界に活躍の場を移していたが、本作で16年ぶりに本格的に映画製作に復帰した。

 郵便局で働くシャオチーは、仕事も恋もパッとしないアラサー女子。ある日、街中で出会ったハンサムなダンス講師・ウェンソンと“七夕バレンタイン”にデートの約束をするが、ふと目覚めると翌日で、バレンタインが消えてしまった。失くした大切な“1日”の記憶を探す旅に出たシャオチーが見つけた真実とは。

 公開されたティザービジュアルでは、浜辺で寄り添う男女のカラフルなイラスト、郵便局で働くアラサー女子シャオチーと、物語のキーパーソンとなる青年グアタイの写真が用いられ、「急がなくても大丈夫、愛はゆっくりやってくる」とコピーが添えられている。

映画『1秒先の彼女』30秒予告編

 予告編は、シャオチーの紹介からスタート。かけっこではいつもフライング、記念写真では目をつぶったものばかりだったシャオチーがバレンタインデートに誘われるも、バレンタインデーが消えて困惑するシーンや、不可解な現象の数々に振り回される様子、人よりワンテンポ遅いバス運転手のグアタイのどこか意味深な姿が描かれている。

■公開情報
『1秒先の彼女』
6月25日(金)、新宿ピカデリーほか全国公開
監督・脚本:チェン・ユーシュン
出演:リウ・グァンティン、パティ・リー、ダンカン・チョウ、ジョアン・ミシンガム
エグゼクティブ・プロデューサー:イェ・ルーフェン、リー・リエ
配給:ビターズ・エンド
2020年/台湾/カラー/119 分/中国語/シネスコ/英題:My Missing Valentine /原題:消失的情人節
(c)MandarinVision Co, Ltd