『俺の家の話』に登場するプロレス要素を解説 “スーパー世阿弥マシン”の元ネタとは?

 宮藤官九郎脚本、長瀬智也主演のドラマ『俺の家の話』(TBS系)は、年老いた父親の介護に直面する主人公の奮闘を描くドラマだが、そこでフィーチャーされているのが伝統芸能である「能」と大衆娯楽の「プロレス」だ。

 特に後者は主演の長瀬がプロレスラーそっくりの身体づくりを徹底的に行って吹き替えなしでプロレスシーンを演じていたり、長州力が本人役で出演したりすることで話題になった。プロレスの場面は第1話の試合シーンで終わるのかと思いきや、第3話でパワーアップしていたのにも驚かされた。なお、プロレスシーンの監修は「ガンバレ☆プロレス」のレフェリー・木曽大介氏、同団体の現役レスラー・勝村周一朗選手(スーパー多摩自マン役としても出演。演技も上手い)、翔太選手が行っている。

 ここではプロレス初心者のために、『俺の家の話』に登場するプロレス要素を解説していきたい。とはいえ、筆者はただのプロレスファンでしかないので、プロレス関係者のみなさまにおかれましては、間違いなどがありましたら遠慮なくSNSなどでご指摘ください。

ブロディ、長州、武藤、蝶野……伝説のレスラー総進撃

 第1話はいきなりプロレスシーンから始まる。主人公・観山寿一のリングネームは「ブリザード寿」。ブリザードポーズをちゃんと正面(通路と反対側)に向けて決めている。子ども時代の寿一が寿限無に決めているのは長州力の必殺技・サソリ固め。ブリザード寿の寿固めはアントニオ猪木の必殺技・卍固めを変形させたもの。

 プロレスに入門した寿一がちゃんこを食べるシーンに出演していたのは、DDTなどで活躍する現役プロレスラーの大鷲透選手(寿一が所属する団体の会長役)。木曽大介氏のnoteによるとTBSの金子文紀監督直々の指名で出演したとのこと。

 寿一が憧れていたレスラーは伝説の名レスラー、“超獣”ブルーザー・ブロディ。“キングコング”の異名を持つ超大型レスラーで、チェーンを振り回しながらの入場から始まるド迫力のファイトで、ヒール(悪役)でありながら大人気を博した。「ハッ、ハッ、ハッ」はブロディ独特のかけ声(?)。幼かった寿一が寿三郎とテレビで見ていたのは、1985年10月31日に東京体育館で行われたアントニオ猪木対ブロディの試合。猪木の場外パイルドライバーでブロディを流血に追い込み、最後は反則勝ちを収めた。

 寿一が家を出たのが17歳だから、プロレスデビューしたのは90年代後半頃となる。当時は新日本プロレスなどのメジャー団体が東京ドームなどでのビッグマッチを年に数回の頻度で行っていた。ブリザード寿一のデビュー戦も大会場だったので、団体側の期待も高かった模様。デビュー直後からプロレス専門誌の表紙も飾り、業界全体で彼をプッシュしていこうとしていた様子がうかがえる。『週刊リング』の表紙に使われた「美獣」は70年代から80年代にかけて活躍した名レスラー、ハーリー・レイスのニックネーム。

 本人役で登場する長州力は、1980年代前半に「革命戦士」として大ブレイクしたプロレス界のスーパースター。90年代は現役選手でありつつ、新日本プロレスの現場監督として屋台骨を支えた。2019年に現役引退。必殺技のリキラリアットを第2話で寿一にくらわせたが、ド迫力はさすが。独特の言語感覚でも知られており、ドラマの中でも何度も放つ「キレてないですよ」は有名(UWFインターナショナル・安生洋二との試合後に発した言葉)。「形変えるぞ」は引退後にバラエティ番組で発したフレーズなので、寿一が知らないのも無理はない。

 長州力とともに90年代から2000年代のプロレス界を牽引したのが、若手時代のブリザード寿と対戦した武藤敬司と蝶野正洋。惜しくも亡くなった橋本真也と3人で“闘魂三銃士”と呼ばれていた。武藤敬司は抜群の身体能力と華麗なテクニックで大人気に。悪の化身、グレート・ムタとしても人気を誇った。蝶野正洋はヒール転向後、「nWo JAPAN」「TEAM2000」などのユニットを率いて爆発的なブームを巻き起こした。長州、武藤、蝶野はいずれもブリザード寿の大先輩にあたるため、第3話で揃って頭を下がられた寿一はうろたえるばかりだった。

 ブリザード寿はアメリカでの武者修行の後、プエルトリコへ転戦して膝に大怪我を負う。プエルトリコはプロレスが盛んな国だが、何よりブルーザー・ブロディが刺殺された土地としてプロレスファンの記憶に残る。寿一もブロディの面影を追って旅立ったのだろうか。ブロディが亡くなったのは現在の寿一と同じ42歳だった。