リチャード・フライシャー監督作『マンディンゴ』46年の時を経てデジタルリマスター版で公開へ

 リチャード・フライシャー監督作『マンディンゴ』が3月12日より新宿武蔵野館ほかにてリバイバル公開されることが決定した。

 本作は、1975年の公開当時、その過激極まる内容からセンセーションを巻き起こした歴史大作。19世紀半ばのルイジアナ州を舞台に、“奴隷牧場”を経営する父子の栄光と没落を描いく。

 19世紀半ば、ルイジアナ州の広大な土地を所有するマクスウェルは、そこで黒人奴隷を育てて売買する“奴隷牧場” を経営していた。息子のハモンドは名家の娘、ブランチと結婚するものの、彼女が処女でなかったことに怒り、黒人女性エレンとの情事に溺れる。一方のブランチも屈強な黒人奴隷ミードと関係を結んで妊娠、権力者として振る舞っていた一家は破滅の道を歩む……。

 原作は、ベストセラーになったカイル・オンストットの同名小説。『道』『キングコング』で知られるイタリア人のプロデューサー、ディノ・デ・ラウレンティスが製作を務め、『ミクロの決死圏』『絞殺魔』のフライシャーが監督、音楽は『アラビアのロレンス』のモーリス・ジャールが担当した。

 フライシャー監督はリアリズム演出を貫いたが、 全米の批評家からはあからさまな人種差別的な設定、偏見を助長する屈辱的な内容、吐き気を催すほどのおぞましい描写などと指摘され「最悪の映画」と酷評されてしまった本作。その後、クエンティン・タランティーノ監 督が本作にインスピレーションを受けた『ジャンゴ 繋がれざる者』を手がけるなどして一部で話題になるものの、長らくアメリカ映画史からほぼ抹消された形になっていた大作が、1975年以来、46年の時を経てデジタルリマスター版で日本で公開されることになった。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『マンディンゴ』
3月12日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
出演:ジェームズ・メイソン、スーザン・ジョージ、ケン・ノートン、ペリー・キング
監督:リチャード・フライシャー
製作:ディノ・デ・ラウレンティス
原作:カイル・オンストット
脚本:ノーマン・ウェクスラー
撮影:リチャード・H・クライン
音楽:モーリス・ジャール 
配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム
1975年/アメリカ映画/127分
(c)1974 STUDIOCANAL.All Rights Reserved.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる