『知ってるワイフ』大倉忠義は同じ過ちを繰り返す 今度は瀧本美織を“モンスター妻”に

 ついに澪(広瀬アリス)を手放したくないという想いが溢れてしまった元春(大倉忠義)。もう一度過去に戻り、やり直すことはできないかと小池良治(生瀬勝久)に尋ねるも、「覆水盆に返らず」とつっぱねられてしまう。『知ってるワイフ』(フジテレビ系)の第5話では、津山(松下洸平)と澪が付き合いはじめ、焦る元春の心情が描かれる。

 元春のことが気になる澪だが、その心のざわめきの理由はわからないまま。だが元春には沙也佳(瀧本美織)という妻がいるため、澪ははなから元春との関係を進める気もなかった。そして澪は、津山からの告白に「付き合います」と返事をすることになる。このことで元春の心はさらに大きくかき乱されることに。

 沙也佳は元春が澪を気にかけていることを察し、澪にライバル心を抱いていた。木田尚希(森田甘路)となぎさ(川栄李奈)夫婦、津山と澪のカップルと共に、3組でキャンプに出かけたが、何かと澪につっかかり、張り合うのであった。

 とうとう沙也佳までもがモンスター妻と化していく。元春はやり直しても、結局その時の妻を「モンスター」にしてしまうのだ。そもそも元春は家庭内で暴力を振るうでもなく、借金を作ったりギャンブルをするでもない。沙也佳のためにいそいそとお茶を入れたり、澪と結婚していた時にはゴミ出しもすれば一緒に買い物に行って大特価のキッチンペーパーも探し出してくる。こうして改めて書き連ねてみれば、決して最低の夫というわけではないだろう。

 なのに、なぜこんなにも妻をいらだたせ視聴者までをも呆れさせてしまうのか。それはもしかしたら、相手の望む適切なタイミングで、相手が求めているものを投げかけることができていないからではないか。元春は致命的に痒いところに手が届かない男なのだ。そして、それは、元春がその時の“相手を見ていない”からだろう。タイムスリップしたことで事態を客観的に見ることができるようになり、澪に対しても様々なことに気がつけるようになった元春だが、今隣にいる沙也佳のことはさっぱり“見ていない”のだ。