トム・ハーディが4時間のメイクで晩年のギャングスターに変貌 『カポネ』新場面写真公開

トム・ハーディが4時間のメイクで晩年のギャングスターに変貌 『カポネ』新場面写真公開

 2月26日に公開される映画『カポネ』の新場面写真が公開された。

 服役を終えた伝説のギャング、アル・カポネは、フロリダの大邸宅で妻メエとの静かな暮らしを送っていた。かつてシカゴを牛耳っていたカポネも今は見る影もなく、梅毒が原因の認知症に苦しみ、薄れゆく記憶から自らが作り出す悪夢に苛まれていた。一方、その大邸宅の外ではFBI捜査官たちが盗聴を続けていた。奇妙になる一方のカポネの行動はすべて見せかけであると信じ、1000万ドルとも言われる隠し財産の行方を探ろうとしていた。果たしてカポネは本当に壊れていたのだろうか。それとも、秘密裡に帝国を支配していたのだろうか。歴史上最も有名なギャングの最晩年を、新たな視点で描いた。

 血塗られた過去の悪夢にうなされ病魔に蝕まれていくカポネを演じたのは、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のトム・ハーディ。そのほか、マット・ディロン、カイル・マクラクランらが脇を固める。『クロニクル』『ファンタスティック・フォー 』のジョシュ・トランク監督が自らのアイデアで企画を起こし、脚本・監督を務めた。

 『スカーフェイス』や『アンタッチャブル』など数々のギャング&マフィア映画でモデルとされてきた伝説のギャング“アル・カポネ”。シカゴに巨大な犯罪帝国を築き上げ、約450件の殺人に関与したとされ“暗黒街の顔役”として史上最も有名なギャングスターとなったアル・カポネの、これまであまり描かれてこなかった病魔に蝕まれた晩年の姿を『カポネ』で演じたのがハーディ。今作では、ほとんどしゃべることができず、よろよろと歩く大きな体を持て余した晩年のカポネを、連日4時間のメイクアップを施し、傷を負った顔面(=スカーフェイス)をリアルに再現。ほとんどしゃべることができなくなったカポネを、独特の喉と鼻の奥から響くしゃがれた呻き声によって印象的に演じ、幻想に取りつかれた晩年のカポネになりきっている。

 『カポネ』製作者のローレンス・ベンダーは「トムは同世代の俳優のなかで抜きん出ている1人だ。役作りに没頭し、自分が演じる人物としっかりと心を通わせていた。役と心の通じ合う俳優がいるときは、いつでも魔法が生まれる。トムはカメレオンであり、とてつもない才能の持ち主だよ」と語っている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『カポネ』
2月26日(金)より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
監督・脚本:ジョシュ・トランク
出演:トム・ハーディ、マット・ディロン、カイル・マクラクラン
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
2020年/アメリカ・カナダ/英語/カラー/104分/シネスコ/ドルビーデジタル/原題:Capone
(c)2020 FONZO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:capone-movie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる